オリンパス
f0158244_537139.jpg すでにご存知のとおり。
 こうなってしまった以上(発覚してしまった以上),状況は厳しいと見るのが順当だと思います。



 当方が,ここにこの先の見通しを書いた所で,どうなるというわけではありませんが,オリンパスの主力事業の内視鏡等は,オリンパスの名前が残るか,どうかは別として,この先も続けることが出来ると思います。方法論はいろいろ。同業他社による買収とか?一旦,上場廃止にして投資会社等が買取り,再上場でガッポリ儲けるとか?単純にバラバラにしてしまうとこれまでの業態が維持できなくなり医療関係で大きな支障が出るので,そういう点からもこちらの分野は大丈夫そう。
 デジカメ事業の見通しは暗いとみるのが妥当。以前から赤字事業だったのですから経営が厳しくなれば,最初に見直される分野です。すでに会社としては分離されているので,切り売りも容易と思われます。買い取ってくれそうなところは,同じような事業領域を持っている会社だと思われますので,その場合は,ブランド消滅の可能性はあり得るかと。製品ラインアップも買い取ってくれた会社の手持ち製品次第でしょう。ただ,デジカメは消耗戦になっているので,引き受けてくれるところがあるかどうか?極端な話,知的財産だけの売却なんてこともあるかもしれません。

 CP+ 2012まで,あと3か月。
 一般的な展示会日程ですと,すでにブース割も決定し(CP+の場合は抽選らしい),出展料も支払って,ブースの出し物もほぼ決定している時期になります。(コンパニオンちゃんの募集・オーデションも開催2,3か月前というのが普通。役割や配置が決まらなければ募集もかけられない)
 オリンパスも出展するつもりで準備をしていると思われますが,こんなに世間をお騒がせしている状況では,この先3か月で事態が大幅に改善されるとは思えませんので,出展は取下げでしょうかね?
 あの展示会の中では,比較的大きなブースだったので,残念ですなぁ。ペンタックスもブランドとしては出展するでしょうが,会社としてはリコーブースの中での出展になると思われるので,前回に対して既に1社分減るのが決まっていたので,また1社分減る事態に。
 大技としては,三菱ふそうが不祥事を起こしていた最中の東京モーターショーのように,ブースは出したが実質的な休憩所。そんなのもあったりしますが,あの展示会でそれはないか(笑
 それともそんなの関係なしに,何事もなかったように出展を強行するのだろうか?

 ヘッダ画像は今年(2011年)のオリンパスブースのラインアップ。
 終わってみれば,あれが見納めになってしまうのか?
[PR]
by rainbow-5 | 2011-11-09 23:59 | 日記 | Comments(0)


<< キヤノン 580EX I型発光せず 最近,見たもの(写真関連) >>