閲覧統計 2013年5月
 このblogの5月の閲覧状況です。上位10位+次点。
 それと検索タームでおもしろかったものも。



1.ベストピント調整の方法(2008.7.26)
2.キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
3.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
4.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
5.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
6.シグマでのピント調整(2009.9.4)
7.ドンケ フォトベスト(2012.10.14)
8.シグマ AF24-70mm F2.8 IF EX DG HSM 修理(2012.9.9)
9.最近,見たもの(写真関係)(2013.5.3)
10.トロイの木馬を拾いましたぁ(2010.1.25)
次点.ピント調整後のピントテスト(2008.8.1)

 順位は若干入れ替わった程度で,大きな変化は5月もなかったです。目新しいのは。シグマの修理の記事がランク入りしたことぐらいでしょうか。

 続いてOS等の状況↓
・Windows 62%
・Mac    13%
・iPad    4%

 Windowsの中での各バージョンの状況↓
・Windows 7    60%
・Windows XP   25%
・Windows Vista  9%
・Windows 8    5%
 動いても1%程度が上下しただけ。ほとんど先月に同じ。Win8は,あいかわらずの低空飛行。

 さて,5月分の検索タームで面白かったもの↓
●「px5600 a3で必要な解像度」
 A3に限らず,2Lとか,A4とか,この手合いの検索は,そこそこありまする。
 なんで,この検索で,うちに迷い込んで来ちゃうんだろうな。
 ちゅーか,エプソンが,ちゃんと説明してないから...ん,ホント?

●「キャノン 70 200 飛行機 手振れ補正モード」
 民航機なら手振れ補正機能は役に立つことが多い。
 軍用機,なかんづく戦闘機系の場合は,斜めに振ったり,急な挙動の変化に対応できないので,邪魔になることが多い。70-200に限らず,単玉でも,これは,みんな同じ。

●「canon 24-105 ポートレート」
 どういう場面で使うのか?これだけではわからないが,特段画質がいいわけでもなく,ボケがいいわけでもないので,(ISとか,ズーム域とかの)このレンズの特長を活かせない場面では,オススメしないな。キャノ坊に人気があるレンズだが,そんなにいいとは思わない。(されど,悪いわけでもない。笑)

●「エプソンPX-G930の印刷の色が薄いどうしたらいいの?」
 PX-7Vで買い直す。

●「カメラ小僧 みっともない」
 ははは。
 ごもっとも。
 けど,他人の目を気にしていては,この道楽はやってられない。

●「wd マイブック 使い方わからん」
 わからないというのがわからない。
 だって,ディスクだもん,使い方なんて,みんな同んなじじゃん?

●「日立 蛍光灯 ホームセンター」
 あ~ん。まず,売ってないと思うよ。
 ホームセンターだと,3波長の高いほうはパナ・東芝なのでは?安いのだと,NEC・三菱・日立のどっかが置いてあったりするかも?
 日立がいいというならヨドの通販。送料無料だし。

●「海自 女子の制帽の顎ひもはかけますか」
 かけます。

●「pseに合うgpu」
 本家と違ってPSEの場合,OpenGLとか使っていないので,グラフィックボードの違いによる性能向上は見込めない。
 GPUコンピューティングに期待するならPSEのような安物はダメで,本家Photoshopが必要。高いのには高い理由があるってこと。

●「光源によりピント精度が変わる」
 事象に対する言い回しの問題かもしれないけど「ピント精度」というより「ピントの位置」だったら,光源によって変わる。

●「2L判 最も安い」
 そういうのをGoogleで検索してもなぁ。
 価格.comあたりの方がいいんじゃないの?

●「富士フイルムフロンティアに合ったモニターsrgb」
 ICCプロファイルを用いたカラーマネージメントシステムという点では(フロンティアはICCプロファイルを使っていないので)家庭用モニターとフロンティアプリントを合わせることは出来ない。
 マッチングという点では,DQツール等を用いた手法で,近いところまで持っていける筈。
 スペック的には,フロンティアはsRGBなので,家庭用モニターは6500K,ガンマ2.2にして,フロンティアプリントの観察環境は5000K評価用蛍光灯にすればよい。

●「宣材写真 修正の仕方 PHOTOSHOP」
 タレントの写真集なんかだったら,修整もあるだろうが,宣材って,そんな修整やるのかな?
 だって,作業手間がかかるから費用に跳ね返ってくるもん。

●「px5v ソフトウェア インストールできない」
 この手合いの検索も,けっこうある。
 あんなもん,なにをどうやったら,出来ないって状態になるんだろう?そっちの方に興味があったりして(笑

●「フォトマット紙 売ってるところ」
 この手合いの検索も,けっこうある。
 パソコンで検索をかけることが出来るんだからAmazonとか,ヨドバシの通販とか,そういうのではダメなの?

●「キャノン ストロボ EX EZ互換性」
 ありません。
 測光方式と組合せるボディの調光方式が全然違うので,互換性はないと思ってよい。
 後方互換性という点では,EXストロボを古いボディで使うことは可。(一部機能制限あり)
 EZストロボをEOS Digitalボディで自動調光で使うのは不可。(フィルム面がないから)

●「画像比較 canon 70-200」
 この手合いの検索も,けっこうある。
 EFの2.8と4の比較ということなら,こと画質に限れば,値段が倍違うのだから違いがあるのは確かでしょう。同じわけがない。
 ただ,画質がすべてか?となればそうとは限らない。使う人次第。

●「550EX 修理代金」
 キヤノンのサービスでは550EXの修理受付は終了してる。
 修理受付終了(≒部品保有期限切れ)とは言っても,まだ部品の残りがあるかもしれない?
 それはない。というのは,期限切れになった部品は廃棄処分してしまうから。
 そういうのはどんなものかな?とも感じてしまうが,ビジネスだからにして仕方ない面もある。それにカメラの場合は,法律的には製造終了後5年が保有期限だが,たいがいのカメラは7年以上にしているハズ。法律より2年分プラスしているのだから,良心的な方だろう。

●「win7まだ販売しているの」
 してます。
 って,それを調べるためにアタシのところに来てるよりAmazonなり,ヨドバシなりのWebサイトへ直行した方がいいのでは?

●「ピクチャースタイル おすすめの設定」
 毎度申し上げていることだが,自分で試し撮りもせず,画像の確認もしないで,ネットで調べているような人は,素直にスタンダードを使うのがよろしいかと。

●「ネガ処分方法カメラ店」
 え?これって,どういうこと?
 客が現像したネガをカメラ店(写真店)に処分してもらうってこと?
 カメラ店が自分で使ったネガを処分する方法ってこと?
 店ということは,事業所だから産廃は使いなんだろうな。個人ベースのこととは違うから,そっちの方は,あまり知らん。

●「カメラ小僧がすすめるデジカメ」
 あんた。カメコになりたいの?(笑

●「captureone 6をインストールする時には古いバージョンはアンインストールしなければならないか」
 これは,確か新旧共存できたはず。

●「captureone 7 動作速度を上げるには」
 パソコンの性能を上げる。CPU。
 どの機能を言っているのか?これだけでは,わからないが, ディベロップメント(ファイル出力)はCPU依存。通常の編集・加工作業はメモリ依存のような感じがする。

●「ベルベット エプソン ブラックインク どちら」
 検索したい内容はわかるが,こういう検索を見た時,いつも思うのは「検索なんかで調べてるよりマニュアルを見たら?」って,こと。

●「カメラ小僧 スケジュール」
 当方に限れば,毎年のことなので,ほぼ固定化。
 カメラ小僧ちゅーても,ターゲット層は幅広いので,Webに載っていたとしても,自分の趣味と合うか?どうか?

●「堀井沙織 現在」
 あ~。もう,でも30ぐらいか?
 人前に立つ最後の頃のお仕事となった撮影会に行ったけど,その時点では,そういう素振りなことは言ってなかったっけ。けど,そこまでの流れから,たぶん最後にするのだろうと感じられたものです。まぁ,あの路線のまま続けていたら最後はAVだったでしょうし,ご本人さんの性分からそれはあり得なかったでしょう。

●「dpp iccプロファイルの埋め込まれていない画像」
 この検索タームだけでは,2通りの受け取り方が出来て,一つはプロファイルが埋め込まれていないいない画像をDPPで表示したらどうなるのか?あとは,DPPで編集・加工した画像にプロファイルを埋め込まないで出力する手順。
 前者ならばExifに従う。後者は出力オプションにON/OFFがある。
 
●「キャノン ストロボの発光量 exifで確認」
 非公開ノーツにはあるのかもしれんけど,一般的なExifの項目を表示するソフトで発光量がわかるものって見たことないな。

●「CANON EOS5 フィルム 修理」
 キヤノンのサービスでの修理受付は終わっている。

●「SuperGT SUGO 駐車場」
 停められないことはないと思う。ただ,けっこう離れた所になっちゃうこともある。とにかく早く行くこと。

●「EF70-200mm F4L IS USM vs EF70-200mm F2.8L USM」
 ISありの現行型であるF4とISなしの2.8(フィルム時代の設計で2世代前)ではISありのF4の方が,なにかと上。
 ISありのF4とISありの2.8(1世代前のI型)では,画質だけならI型の方が上というのが定説。

(参考)
閲覧統計 2013年4月
[PR]
by rainbow-5 | 2013-07-13 22:52 | 日記 | Comments(0)


<< 閲覧統計 2013年6月 東京写真連盟モデル撮影会 >>