閲覧統計 2013年11月
 このblogの11月の閲覧状況です。上位10位+次点。
 あと検索キーワードでおもしろかったものも。



1.2013年入間基地航空祭の検索キーワードにお答えします(2013.10.21)
2.(2011年の)東モ:駐車場の記録(2011.12.12)
3.2013年百里基地航空祭の検索ワードにお答えします(2013.9.5)
4.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
5.ベストピント調整の方法(2008.7.26)
6.キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
7.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
8.シグマでのピント調整(2009.9.4)
9.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
10.Re: 第2回 sRGBとAdobe RGBを理解する(2010.9.2)
次点.シグマ AF24-70mm F2.8 IF EX DG HSM 修理(2012.9.9)

 11月初旬は入間基地航空祭,下旬は東京モーターショーの検索によりアクセス数が過去最多でした。
 目新しいところは,9位のITMEDIAの記事の感想文。カラマネ関連ですが,検索エンジンでは,sRGB・AdobeRGBでこの記事がヒットするらしく,いわば迷い込んでいる状態です。
 検索キーワードの方は,入間航空祭関係から。

●「入間航空祭 前日 午後 予行演習中止」
 結果論であるが,前日(11.2(土))のブルーは午前中が予行で,午後が予備だったのでは?
 予行のために予行をやっているのではなくて,予行は本番のためにある。午前中に問題があったなら別だが,その場合,予定通りの内容を消化出来たら,午後の予備は飛ばない。
 今回の入間では,前日(土曜日)の午後にパトカーが「午後の予行はありません」の旨のアナウンスをして回ったとか(苦笑
 だから,ヒコーキ道楽は,確実っていうのはないの。空振りすることもある。空振りがいやなら,ヒコーキはやらない方がいい。もしくは軍用機は止めて,民航機に乗り換える。

●「入間基地南門」
 はて?あったかな?
 業務上,使う門はあるのかもしれないが,航空祭で35エンドの方に一般入場できる門はない。

●「空いている航空祭」
 ははは。
 入間航空祭があった11月3日の夜にあった検索。
 比較的空いている印象があるのは築城かな?

●「ブルーインパルス 物足りない 昨日」
 入間航空祭の翌日にあった検索。
 4番機を外した5機体制だったこと。空域をロックすることが出来なくなったので,結果的に途中打ち切りなったので物足りない印象だったのか?それでもプログラムの4分の3程度は消化していたので,半分も行かないで終わったわけじゃないんだが。

●「入間基地 撮影ポイント」
 入間航空祭の前なら,まだわかるが,航空祭が終わってからも,けっこう検索があった。
 入間は戦闘機が来ないからマニア的には,面白味のない基地。人気のない基地なんだけど,検索があるとはね。

●「航空祭の地上展示機はどのように決めている?」
 さぁ?どうなっているのか?
 入間の後の検索だったので,F-4が入間に来なかったのがご不満なんでしょうか?だったら百里に行けばよかったのに?それじゃダメ?
 サーカスじゃないんだから,見せ物が本来業務じゃないんだから,来る・来ない,見せる・見せないなんて,その時々でいろいろだろう。

●「入間基地に飛来した珍機」
 今年(2013年)の入間航空祭だったら,伝え聞くところによればC-130が衛星通信用(だったと思う)アンテナの改造を施した機体だったとのこと。けっこう大きなフェアリングで,一目でわかるこぶらしい。現地に行ってないので,それぐらいかな。

●「EOS フラッシュ 暗い」
 ははは。
 機械の故障とか,そういう話になれば,故障ではない。キヤノンは暗いからそれはそれで設計通りの出来。

●「TOYO LIVING 防湿庫 業務用 新聞社用 特注品」
 そんなのあるの?それとも,あるかもしれない?そういう期待で検索しただけ?
 そっちにしても,新聞社なんて業務用途だから防湿庫なんて使ってるかな?

●「CANON 5D シャッターストローク調整」
 以前,当方が確認した際には,この件をキヤノンではプロ改造扱いと呼んでおり,プロ機だけが対象になっていた。つまりEOS-1(初代)・EOS-1N・EOS-3・EOS-1V・EOS-1D以降の1D系が対象。
 従って,デジタルのEOS 5Dは対象外。
 当方の理解では,プロ改造扱いのプロというのは,プロカメラマンを対象としたものではなくて,プロ機を対象としている。現に当方はアマだけど,プロ機を改造してもらっているからそういうことなのでしょう。
 どうして,EOS-1の系統だけか?というと「調整」という名前になっているが,実際にやることは部品をとっかえるだけ。白衣の技師様が工具を使って細かな調整を施しているわけではない。EOS-1系は共通部品なので使い回しができるが,5Dは共通でないので,もしやるなら新たに部品を作る必要があり,改造のために新部品を作ろうとしていないためと推察。

●「ニコンとキヤノンAFの違い」
 一眼レフ場合,どちらも原理は同じ。米ハネウェルに特許料を支払った。

●「フォトマット紙 Px-5v フォトブラックで印刷する」
 なにゆえ,そのようなことを?
 インク交換の手間や無駄を節約したいのかもしれないが,まっとうに印刷出来ないと思われる。
 どういう理由か知らないが,どうしてもやりたけければPX-5600まではエプソン製プロファイルが用意されていたので(PX-5Vではエプソン製プロファイルは用意されていないので)同様のルートを自前で揃えればいいと思う。ただ,そこまでしてやることか?

●「px-5600でワイド四切を印刷する方法」
 ワイド四ツ...
 う~ん。
 A3ノビの方が多いよね?違った?
 そもそもワイド四ツのプリンタ用ペーパーって売ってないでしょ?
 だったら,A3ノビの用紙にプリントして,自分でワイド四ツの用紙サイズにカットすればいいのでは?
 それじゃ,ダメなの?

●「百里基地 撮影ポイント 南門」
 これ,多いわけではないが,繰り返し検索がある。
 南門で話は通じるが,基地の案内には南門というのはなくて,あるのは裏門。それとも,裏門とは別に南門があるのか?
 裏門(おそらく南門)っていうのは,滑走路からぜ~んぜん離れているところで,撮影ポイントでもなんでもない。それなのに,どうして検索があるの?理解不能。
 どっかのblogとかに,撮影ポイントとして紹介されているのか?
 裏門付近から,遠目にヒコーキの離発着が見えないことはないが,あそこで撮っている人なんて,まずいない。
 しいて言うなら,南門から300メートルぐらい西に行った,くの字の入口。場内のRF格の裏手を覗くことが出来る。離発着は場内に建物があるので厳しい。タキシングは撮って撮れないことはないが場内のフェンスも写り込むのでクリアに撮れない。

●「蛍光ランプの値段の差」
 高いのには高い理由がある。安いのには安い理由がある。
 高いのは,3波長といいRGBにピークがあって色の見え具合が良い(これを演色性が良いという)。明るさも比べれば明るい。知名度NO1のパルックは,このタイプ。
 安のは,別名1波長といいRGBの中のGだけにピークがあって緑っぽく見える。1波長だけで見れば人間の目の調整能力であまり緑っぽく感じないが,お日様と比べたり,3波長と比べると,緑っぽいのはわかってしまう。3波長と比べれば明るくない。
 3波長の中で安い高いは,主に寿命の差。長寿命の方がちょっと高い。
 家庭用としては,食事がおいしそうに見える3波長が一般的かと。

●「SIGMA レンズ メーカー保障期間内 オーバーホール」
 シグマに限らず,新品1年保証の期間内でもオーバーホールは有償だろう。
 (保証書に書いてあることだが)1年保証というのは新品時の機能性について保証するものであって,使っているうちに生じた汚れ・消耗等やユーザーの不注意によるものは保証の対象外。1年ぐらいでオーバーホールが必要になるとは思えないが,なにかの事情でオーバーホールをするにしても有償だろう。
 それにしても,みなさん,オーバーホールがお好きですな(苦笑
 EOSシステムに乗り換えて20年ぐらいになるが,自分なんて,オーバーホールは,1回か,2回しかやったことない。
 年に1回は,故障してくれるアタシのEOSシステムだから,すでに20回以上修理を頼んでいると思われるけど,500と85のショック品以外,オーバーホールは頼んだ憶えがない。それでも普通に撮れてるけどな?それとも問題があるのに気がついていないのはアタシだけ?(謎

●「自衛隊基地で土曜日に見学できるところは」
 ここで言う見学とは,おそらく通常訓練の見学だと思う。空自だったら航空祭の類い以外に,通常訓練の団体見学を受付けているところがあるが,ほとんど場合,平日。
 土日なら,航空祭の類いになると思う。

●「70-200 個撮」
 ここで言う個撮とは,個人撮影=1対1撮影=モデル1人:カメラマン1人なんだと思う。
 どう撮りたいか?によるのだが,俺だったら屋外ロケは使ってもちょっとだけ,ハウスを含むスタジオ撮りなら,まず使わない。遠近感とかの意図があるなら別だけど,85なり,135なり単玉を使う。

●「70-200 IS無し」
 って,どっちなんだろう?F2.8?それともF4?
 どっちにしても,フィルム時代の設計なので,デジタルだと粗が目立ったという印象が残っている。
 F2.8は逆光だと早々に破綻。点光源の嵐となるクルマ展示会なんてゴーストが簡単に出てしまって閉口した記憶がある。IS付きはデジタルになってからの設計なので,比べれば改善されている。ただ,絶対値としてどうか?となれば2.8の方は逆光は苦手な方。

●「30年経過したネガフィルム 印刷可能?」
 可能。
 ここでいう印刷というのは,写真屋さんに頼んで紙プリントを作ってもらうことか?家庭用インクジェットプリンタを使って自分で印刷することか?
 前者の場合,カラーバランスがいくらか変になってしまうことがある。ただ,写真屋さんの機械もデジタル処理をしているのが主流だからおおむね見られる範疇にはなると思う。昔のアナログ機だとこういう作業はダメだった。
 後者の場合,色調整は自分でやることになるので,うまく仕上げられるかは,自分の腕次第。ネガの像が消えているわけじゃないが,カラーバランスは崩れているので根気が必要。そういうのが面倒なら写真屋さんに頼むのが世話なし。

●「富士 フロンティア ICCプロファイル 入手」
 フロンティアのICCプロファイルの検索も,間々ありまする。
 何度か書いているが,フロンティア本体はICCプロファイルを使っていない。なぜなら,フロンティアは(お店の中で完結している)クローズのシステムであり(色味という点において)他の所との標準化は考慮する必要がないから。
 (機械システムとしてフロンティアもプロファイリングシステムは持っているが,それは薬剤の状態やペーパーロットの誤差を修正するためのものであって,ICCプロファイルとの関連は持っていない)
 ICCプロファイルを使った標準化より独自の色味による見栄えを優先しているわけ。これは,俗称フロンティア調と呼ばれる色味のこと。考え方としては,インクジェットプリンタにおけるドライバ補正印刷と同じ。
 従って,家庭のモニターとフロンティアプリントが合う・合わないという話になれば,厳密に合わせることは出来ない。
 ICCプロファイルよりもDQツールのように見た目の印象で似たような雰囲気にさせるようが現実解だと思うのだが?

●「スピードライト デジタル フィルム 違い」
 あぁぁ。
 これは,かなり変わったわな。
 撮るもの,撮り方にもよるが,デジタルになって高感度領域が実用になるようになったので,一般論としては補助光としての使い方が多くなったのでは?
 物撮りのようにストロボだけで撮るにしても,メインよりかえってサブの方の使い方が出来栄えに大きく影響するような気も?

●「photoshop 日付の印刷ができない?」
 どういう作業ルートを求めているのか?これだけではわからんが,お手軽デジカメソフトのように[日付印刷]にチェックを入れれば出来るわけじゃない。
 それとも,そういう機能が,今はあるのか?
 本家Photoshopで日付を印刷するなら手作業で日付を乗せて上げないとダメなような気がする。
 枚数が10枚,20枚とあるなら画像処理はPhotoshopでやって,Exif付きのTIFFなりJPEGで保存した画像をお手軽デジカメソフトで読んで印刷した方が早いような気も。
 同じPhotoshopシリーズでも,Photoshop Elements(PSE)はアマ向けの製品なので,日付印刷をする機能が,印刷オプションの中にある。Lightroomにもあったような気がするが,あまり使っていないので確証がない。

●「戦闘機 ピント合わない」
 撮り方とか,レンズにもよるが,いわゆるピント精度によるズレとは限らない。
 1/4000とかで試した?
 800mmとかを使っていても,1/4000だったら,まずブレない。そこいらからスタートして,ブレやパンの影響を取り除かないとピントには行き着かないのでは?

●「土浦市 エアショー 穴場」
 えッ?
 これって,J隊?霞ヶ浦?阿見ってことはないよな?
 それで調べてみたら,室屋さんのショーが11月16日にあって,その前日にあった検索。場所は土浦市内で霞ヶ浦沿いが会場。
 1機の単発ショーでは,出撃する気になれず。
 ただ,どうも,室屋さんとしてはゆくゆくはエアレースをやりたいみたいで,今はその準備期間とのこと。それだったら,発進基地は阿見なんだろうから阿見でやればいいと思ったりして?安全面と考えると霞ヶ浦の上というのは悪くないのかも?

●「車両展示 置き型 照明」
 置き型っていうのは,床に置くタイプということ?
 だとするならば,意図がない限り不向き。
 というのは,クルマというのは屋外で使うもので,光はお日様となり,上からやってくるため。
 床に照明を置くということは,お日様とはアングルが逆さまになってしまい屋外で見た時と印象が変わってしまうから展示としての意味がない。たーだ明るければ何でもよいというなら話は別だが,客に見せるという点では好ましくない。
 タイヤやホイールを見せるための展示ならば,床側から当ててるという手もあるが,手前の床面も強調されるから適したやり方ではないだろう。

●「百里基地ベストポイント」
 この感じは,通常訓練を場外から撮るのを検索したのだと思うが。
 何度も書いているように何を撮りたいか,どう撮りたいか,それによってベストは変わってくる。

●「キャノン 70-200 f2.8 IS 付きと無しの写りの違い」
 ISなしはフィルム時代の設計。IS付きはI型でもデジになってからの設計。
 解像感も違うが,逆光(あるいはそれに準じた)特性が比較すれば改善されている。人によっては,ISユニットが追加されたことにより,光学的には余計なものが入ったので画質が落ちると説く人もいるにはいる。
 カタログ上はISなしも現行品扱いになっているが,もしこれから買うなら,デジタルならば,IS付きの全然よい。

●「写真用ランプ 色温度」
 おそらくアイランプのことだと思うが,アイランプなら3200K。
 ただ,今ではアイランプを使う人は少ないんじゃない?

●「ストロボディフューザー オレンジ」
 オムニバウンスの類いにあるヤツ?
 物の言いようになってしまうが,ストロボ光の色温度を下げるために使うもの。もしくはストロボ光を暖色系として使いたい時に使うもの。
 ただ,たいがいの場合,オレンジ1色なので,色温度を変えるのは固定値になってしまう。また,環境光側(=定常光側)の色温度に合わせたい時に,ディフューザー側の色温度が環境光に近いとは限らない。そういうわけで個人的には使い勝手が悪いと思っているので買ったことはない。

●「蛍光灯 白色 3波長 見分け方」
 (天井などにあって)ちょっと離れた所からランプを眺めて肉眼で見分けるのは,よほどの専門家でないと難しいのではないか?
 近くに寄ることができれば,パルックなどの商品名や記号から見分けはつくと思うけど。
 案外,見分けがつくのが(夜間)屋外で外灯などに使われているケース。この場合,1波長はそれなりに緑かぶりしているのが肉眼でもわかってしまうもの。
 ともあれ,人間の目は順応性があるから,見分けるのは大変だと思う。

●「バックアップ 2台体制 RAID1 どっち 安全」
 ここでいう2台体制というのは,外付け2台?内蔵2台で丸コピーを作るということ?
 どっちにしても,そういう2台体制というのはバックアップといえると思うが,RAIDっていうのはバックアップじゃない。RAIDを組んだらバックアップ不要というのは間違い。なぜならRAIDコントローラーが壊れることがあるから。
 ま,表面的な構成だけで自己満足な人には,RAIDもいいだろうけど。

●「カメラ用レンズのピントとズームリングのゴムの耐用年数は」
 半永久と考えていいのでは?
 Aiニッコールのも,素材はゴムでいい?だったら,20年以上経っているのがあるが,切れたりはしていない。
 キヤノンEFも,10年以上使っているのがあるが,切れたり,ボロボロになってしまったものはない。
 伸び縮みのような負荷のかかるわけじゃないので,ゴムではあるが,そんなに心配する必要はないのでは?
 ただ,直射日光の熱で伸びてしまうことはあるだろう。そういう意味では,単なる年数ではなくて,暑さも含めた使い方に次第でダメになることもあるということでないか?

●「下総航空基地 撮影場所」
 東側以外は,撮れる場所はけっこうある方。

●「アクリル製 色温度変換フィルター」
 あんま聞かないな。アクリルのって。
 重さ,熱対策,コストなどを勘案するとポリカボネートじゃねぇ?ただ,汎用品のフィルターとして売り物にするには加工が簡単な(昔でいうところの)コダックのゼラチンとかになっちゃうと思う。

●「経年変化した白黒写真の修正法 」
 これでだけじゃ,なにをどうしたいのか?わからんが,ネガでも,紙焼きでも,デジカメで複写してパソコン上で画像を加工して,インクジェットプリンタでプリントするのではダメ?

●「カメラ修理後ピントが合わない 」
 それキヤノンだね?(笑

●「東京モーターショー アンゼンジャー」
 今年(2013年)もなかった。
 あれは運営を博報堂が請け負った時の出し物。だから(今年みたいに)電通が請け負うと出せないの。
 それとビックサイトだと,やれる場所もないので,博報堂に戻ったとしても,アンゼンジャーが帰ってくるのは厳しいか?と。

●「東京モーターショー晴海の駐車場はすいてるか」
 空いているか?というのは,満車にならないで入れられる事ができるか?それとも入庫の渋滞がなくてスムーズに入れるか?どっち?
 今年(2013年)は,前回より台数が減った↓
・前回(2011年)東京モーターショー 晴海臨時駐車場 4343台
・今回(2013年)東京モーターショー 晴海臨時駐車場 2870台
 前回の晴海臨時駐車場は5割~7割ぐらいの入りだったとのこと。今年は台数が減っけど,満車にあることはなかったみたい。
 
●「東京モーターショー 最終日 混雑」
 ここ数回は,会期が減ってきているので,前回実績はあてにならないが,最終日って入場者数は伸びないことが多い。
 以前だったら,11月3日がピークだったが,今は日程が全然違うので,予測は困難。

●「東京モーターショー2013 スズキ ナレーター」
 桜ちゃんを探しているのかな?

●「東京モーターショー2013 駐車場 何時に行けば」
 今回はビックサイト近くの4駐車場の場合,平日は12時ぐらいまで。土日は11時ぐらいで満車になった。

●「モーターショー スバル 髪の短い モデル」
 梅ちゃん。今の名前は広瀬彩香。

●「日産 モーターショー2013 ラインナップ ミスフェアレディ」
 この検索は,写真を見たい,ってことかな?
 あたしが行った日の↓(≠最終日)
f0158244_3292979.jpg
 こんだけ。10人しかいない。
 今回の日産ブースは,近年のモーターと演出が異なっていたので,ミスフェアレディもそんなに動員しなかったと推察。

●「晴海A臨時駐車場からビックサイト距離」
 10キロぐらい?と,思ったが,Googleで調べてみた。晴海客船ターミナル・ビックサイト間は,クルマで6.0km 22分,徒歩は4.7km 57分となった。
 バスは無料だったから(なにか事情があるなら別だが)歩きは無謀だったのでは?

●「東京モーターショー 晴海臨時 連絡バス 混雑」
 あたしが見た時は,立っている人はいたけど,ギュウギュウ詰めという程じゃなかった。時間帯次第で立たなくても良かったぐらいでは?

●「東京モーターショー 2013 スズキ コンパニオン 名前」
 車両説明員のコンパニオンに渡辺ゆきゆきさんがいたのには,さすがぶったまげた。

●「東京オートサロン特別一般公開日にキャンギャル撮りやすい?」
 金曜日の午後だよね?
 それなら土日と比べれば撮りやすいけど,あくまで比較すればのハナシ。それをもって,撮りやすいと感じるか?人それぞれだろうな。

(参考)
閲覧統計 2013年10月
[PR]
by rainbow-5 | 2013-12-14 19:28 | 日記 | Comments(0)


<< キヤノン 修理費用の目安 最近,見たもの(東モ2013年) >>