閲覧統計 2014年8月
 このblogの8月の閲覧状況です。上位10位+次点。
 検索キーワードで面白かったものもご紹介。



1.キヤノン 修理費用の目安(2013.12.15)
2.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
3.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
4.キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
5.ベストピント調整の方法(2008.7.26)
6.DxO FilmPack 4 フィルムプロファイル比較:その4(2014.1.30)
7.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
8.2014 MOTEGI 2&4 RACE(2014.8.24)
9.DxO FilmPack 4 Essentialを使ってみて(2014.1.26)
10.DxO FilmPack 4 フィルムプロファイル比較:その1(2014.1.27)
 8位に吉沢明歩が登場したレースの記事。毎年のこととは言え、今年もランクイン。
 DxO FilmPackの記事が3本もランクインしたのは、デジカメWatchに紹介記事が載ったためと思われ?これ↓
・往年の名フィルムをデジタルで再現!DxO FilmPack 4
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20140825_660623.html
 8月25日という月末近くだったので順位はそれほどでもありませんでした。月始めの掲載だったら、もっと順は上がったと思われます。

 OS等の状況↓
・Windows 74%(前月比 -1%)
・Mac    16%(前月比 -1%)
・iPad    7%(前月比 +2%)
 前月にほぼ同じ。

 Windowsの中での各バージョンの状況↓
・Windows 7    69%(前月比 -2%)
・Windows 8.1   12%(前月比 ±0%)
・Windows XP   10%(前月比 +3%)
・Windows Vista  6%(前月比 -1%)
・Windows 8    2%(前月比 -1%)
 Win8系は約14%(前月比 -1%)。
 こちらも、大きなくくりで言えば、まぁまぁ同じ。

 続いて検索キーワードで目がいったもの↓

●「70-200 買い替え 嫁」
 キヤノンの場合、70-200/2.8にしても、70-200/4にしても、外観は似ているから同じモデルでの買い替えなら嫁バレしないのでは?
 けど、F4→F2.8への買い替えだと、大きく成長するから、どうかな?

●「キヤノン レンズ 修理 10万円」
 なんか、先月も修理代十万って検索があったな?
 どっかに、そういうのが書いてあんのかな?
 EFを約20年使っており、何度も修理に出してきたが、修理代十万というのは、未だ経験がない。
 当方が言うところの特上コースとなる500ミリや300の2.8も修理に出したことがあるが(修理の程度もあるが)十万はかかっていない。
 70-200/2.8(ISなし)は、レンズ曇り(サービス氏の見立てでは結露跡)・鏡筒ガタツキの修理概算見積で6万と言われたことがあるにはある。ただ、この6万にしても、最大の値段で、実際に分解して状況が悪くなければ、もっと安くなるかもしれない、とのことであった。あの時は、最大6万なら買い替えた方がいいと判断し進行中止。
 修理状況によっては十万とかの修理代になることもあるだろうが、そこまでいくのは、滅多にないと思う。特上コースの重修理工賃は3万4千円。十万を超えるには部品代で7万ぐらいいかないとダメなわけで、単品部品で7万というのは、そうそうないと思うし、何個か交換するにしても7万分となれば、5品とか、10品とかで、相当なものじゃない?
 なお、当方は販売店経由で修理に出したことはない。すべて、キヤノン サービスセンターとの直接取引。

●「EOS70Dに昔のフィルム時代のストロボ使用できますか」
 これは何度も書いているが、フィルム時代という括りでいうと、出来るものと出来ないものがある。
 EZストロボは使えない。(厳密には自動調光不可、マニュアル発光可)
 EXストロボはすべてのEOS Digitalで使える。初代EXストロボって、380EXでよかった?EOS55の時だと思うので、約20年前。EOSシステムのストロボは、約20年間互換性を維持してる。
 社外品は、A-TTLはダメ。E-TTL、外部調光はOK。

●「カメラ・レンズの点検は何年?」
 これも何度も書いているが、そんなの使い方で状況は大きく変わるから、何年って、決めつけることなんて出来ない。
 1,2年でオーバーホールまで必要な使い方もあれば、10年経っても、さして使ってなくて気になる点がないなら診てもらう必要はないだろう。

●「キヤノン 5D オーバーホール料金」
 これって、初代5D?
 初代だと、キヤノンでの修理受付は終わっているのでは?と思い調べてみたら、まだ修理受付をしていた。受付終了予定は2015年9月。
 初代5Dだと、修理は当方の言うところの1万2千円コースなので、オーバーホール工賃は2万4千円(税別)。部品交換をすれば、部品代がプラスになる。何を交換するか?使っている度合いによって、大きく変わるので、普通は、って言えない。ご本人さんは『けっこう使っている』と言っていても、カメラの世界の中では、そんなたいしたことはない、ということもあるし。見極めのポイントとしては、外観の感じ、各操作部のフィーリング、ショット数辺りなのでは?

●「Canon 窓口 混雑」
 サービスセンターの受付窓口のことか?
 以前は、キヤノンWebサイトに修理窓口の混雑予想みたいなのがあったが、今はなくなった模様。

●「千歳 航空ショー 渋滞」
 千歳に最後に行ったのは、もう10年ぐらい前のことで、最近の事情は実際に目にしていない。
 今年(2014年)は、場内の駐車場は事前抽選だったみたい。場外に臨時の駐車場も設けたみたい。どっちにしろ、一気にクルマが集中するのだから渋滞になるのは仕方ないところ。いくら北海道でも、これは同じだろう。

●「MG8000 レースクイーン」
 ここでいうレースクイーンというのが、サーキットでの撮影ならば、マシンガンストロボは最適だと思う。
 当方が過去にストロボ(≠MG8000)の発光管をダメにしたのは、すべてサーキットでの撮影に起因している。
 ただ、操作性に難があるので、一長一短をどう考えたらいいのか?

●「中古 レンズ ピント」
 ここでピントというのは、いわゆるピント精度。当方がいうところのピントのズレのことだろうか?
 だとしたら。中古品はピントのズレがあって当然、と考えたおいた方がいいと思う。中古品がいい加減というのではなくて、素性や経緯がわからないから、どうなって来たのか?わからないから。
 これまでの経験から言わせてもらうと、すべてのレンズがキヤノンの基準値に合わせてあるとは限らないから。
 現に当方の手持ちシステムでは、その中で調和するようになっている。この中にあるレンズ1本をキヤノンの基準ボディに装着しても、ジャスピンになるとは限らない。同様に中古屋に売って、それを買い求めた人がいて、その人のボディに装着してもジャスピンになるとは限らない。そうなったらレンズのピント調整をして貰った方が話は手っ取り早いと思う。中古屋の店先で、ピントが出るレンズを探すというのは、かなり厳しいと思う。

●「ProPhotoRGBのプリント」
 そんなのが出来るプリンタってないと思う。

●「ETTL調光にならない」
 (当方の経験では、外部ストロボでは)接点の接触不良が多い。一旦取り外して、再装着。たいがいの場合、これでE-TTLに戻る。
 今では(予防保全として)ストロボ装着前に接点を拭き拭きするのが習慣になっている。
 
●「第三北門そばのホコテンポイント」
 第三北門って言い方は、あまりしないの。
 基地側の呼び名は、たしかに第三北門で、正しい言い方かもしれんが、マニア的には北門って言ったら(基地側が言うところの)第一北門の方。
 ホコ天ちゅーたら、隣り合わせの第三北門も含むんじゃないのかな?そういう決まりがあるわけじゃないから、見方はいろいろだろうけど。

●「フジヤカメラ ABランク」
 フジヤのABというのは、ふつーの中古、って感じ。
 かなり疲れているわけじゃないけど、綺麗というほどでもない。

●「2014年入間基地航空祭の訓練はいつですか」
 8月8日にあった検索。
 まだ、早いってっば。

●「550ex用ケース」
 ストロボのケースって、使うんだ?アタシは使ってない。550EXのなら、余っている。

●「キャノン スピードライト380EXのマニュアル」
 380EXって、EOS55と同時発表でよかった?
 当方がニコン→キヤノンへ乗り換えた頃で、ストロボを考えていた頃なので、なんとなく憶えている。E-TTLになった第1号機。
 って、ことは、約20年前の製品だから、今、日本語マニュアルちゅーても、なかなかないだろう。ヤフオクに出てくるのを気長に待つとか。

●「横田基地 バスツアーのメリット」
 えッ?入間じゃなくて、横田でもバスツアーがあるんだぁ。
 まぁ、普通の団体旅行と同じじゃないの?往復の交通手段等は考えなくてよいけど、(おそらく現地自由行動と思われるが)団体行動なので時間的制約等を受けるのが難点。

●「茨城空港 駐車場 観閲式」「航空観閲式 事前公開 茨城空港閉鎖」
 (民航機の搭乗客でない)一般人は、駐車場への入庫に制限がかかる。これは、本番日も、前週の事前公開も同じ。

●「百里基地 最寄 バイク駐車 有料」
 航空祭を除けば、駐輪場を整備してあるところなんてないよ。そこらに停めておくだけだから。

●「百里基地 有料撮影ポイント」
 あ~。あるには、あるわ。

●「DPPでベルビア風にできるか」
 DPP単品限定なら、まず出来ないと当方は考える。

●「小三元レンズの比較 (キヤノン vs ニコン)」
 前から思っているのだが、アマチュアの場合、キヤノ・ニコ両使い、っていうのは、限られると思うの。
 となると小三元という3本セットの比較をキヤノ・ニコでやっても、それはただの興味のハナシであって、商品検討じゃないわな。要は、ハナシのネタってこと。

●「eos 修理 保証 落下」
 EOSに限らんと思うけど、いわゆる新品1年保証というのはメーカー側に責任がある問題について無償修理を行うもの。
 一般に、落下は使用者の不注意だから新品1年保証の対象外。
 ただ、販売店等がやっている保証延長の類い(会社側のシステム的には損害保険)だと使用者の不注意でも、救ってもらえるものもある。

●「キャプチャーワン レイヤー使える?」
 使える。
 ただ、あくまでも当該RAWファイルの修整の範囲内と考えた方がよい。Photoshopのような別の画像との合成とか、そんな感じの機能は元々備わっていなので、レイヤーうんぬんとは違うけどね。

●「お台場駐車場 リアルタイム」
 たしか、都の外郭団体が駐車場の空き情報出していたはず。

●「チームMAXING レース」
 たしかに、MAXINGの名前が入った衣装を着ているが、あれはチーム名でも、何でもないの(笑

●「MOTEGI2&4 激感エリア」
 今年はなかったみたいよ?

●「入間 ブルーインパルス 病院前」
 (場内に入れない予行は別として)本番日に病院前で撮ったこともあるが、ランウェイの端なので、全体でみた場合、当方には、あまりいい場所だとは思えない。特定の課目の一発狙いなら話は別だが、そうでないなら場内の方が撮影的にはいいと思う。

●「raw現像 bto 比較」
 この流れでBTOといったらパソコンだよな。(BTO:Build to Order)
 ご本人さんは、RAW現像って、モノ凄い処理だと思っているのかもしれないが、行き着いた感がある、今どきのパソコンだと、静止画のRAW現像なんて、たいした処理じゃない。(動画の映像編集や3D処理は、また別の話)
 RAW現像も出来る、という程度で探したらいいのでは?

●「70-200 F4 F2.8 どっち」
 どっちも。

●「あえて550exを使う理由」
 ない。
 しいて言えば、580EXII型以降はオーバーヒート防止機能が付いてしまったので、それを回避するために550EXや580EXI型は有用かも?
 けど、どっちもキヤノンでの修理受付は終了しているので、オーバーヒートで発光管をダメにすると修理できない。

●「横田基地と入間基地 見学するならどっち」
 ヒコーキが飛ぶ航空ショーとしてみれば、入間の方が上かな?
 ただ、横田は中はアメリカ。

(参考)
閲覧統計 2014年7月
[PR]
by rainbow-5 | 2014-09-07 18:49 | 日記 | Comments(0)


<< 平成26年度航空観閲式の検索キ... 2014 MOTEGI 2&4... >>