閲覧統計 2015年1月
 このblogの1月の閲覧状況です。上位10位+次点。
 検索キーワードで面白かったものもご紹介。



1.キヤノン 修理費用の目安(2013.12.15)
2.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
3.キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
4.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
5.ベストピント調整の方法(2008.7.26)
6.TV28Tv2DVB-T(R820T)(DVB-T+DAB+FM) USBチューナー(2014.12.22)
7.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
8.ピントが合わない!?(2011.7.2)
9.シグマ AF 50mm F1.4 DG HSM A014(2014.9.23)
10.TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(2015.1.12)
次点.キヤノン バッテリーパック LP-E4 突然死(2014.4.8)
 6位にSDRの記事がランクインしたのは、やや驚き。
 OSやWebブラウザは、大きな変化がないので、今月はお休み。

 続いて検索キーワードで目がいったものですが、たかとしが、同じようことを書いてました↓
・検索ワード
http://ameblo.jp/toshimi1002/entry-11983125860.html
>久しぶりにアメブロの
>検索ワードみてみたら
>やっぱり面白い(笑)
>突っ込みどころ満載なんだもん!

 だよね。
 当方のは、ここから。

●「EOS-1V オーバーホールとシャッター交換料金」
 このクラスだと、シャッターユニットは、2部品じゃないのかな?両方で15~20k\。オーバーホール工賃は24k\。予算枠としては5万弱ぐらいか?(税込)
 オーバーホールを要するほど、シャッターユニット交換をするほど使っているというなら(AF光路になっている)ミラーボックスも変えた方がいいかも?

●「上海問屋 不利なコメントは削除している」
 あはは。

●「af ピント 調整 スケール 」
 定規。もしくは、それに準じたスケールは、ピント位置のジャッジに窮することが多いと思う。定規タイプは、イメージ的にはわかりやすいけど、実用性に欠けると思う。

●「EOS-1D MARK2修理料金」「EOS 1DS MARK2 修理期間」
 たぶん、MK2だと、キヤノンでの修理受付は終わっているんじゃない?

●「晴海 展示会 跡地」
 ゴミ焼却炉。
 あとは、駐車場。
 オリンピックでは、なんか使うみたい。

●「オートサロン 車の横の女はなんてよぶ?」
 (自動車メーカー以外の場合)そりゃ、東京モーターショーの自動車メーカーがやっているから真似っ子したい。自分のところで作った(=改造した)クルマの脇に、いい女を立たせてみたい。そんなところかな?

●「カメラレンズのオーバーホールって」
 分解清掃。
 レンズじゃなくても、機械モノのオーバーホールゆーたら、そうだと思うけど。
 カメラ関係だとライカ(フィルム)は、定期的にオーバーホールをして機械的な箇所の調整をしてあげないと精度が維持できなかった。だからオーバーホールが必要だったけど、日本製のカメラは、アマチュアが使っている程度では、普通は不調になることは滅多にないから(ライカのような意味での)オーバーホールなんて必要ないと思う。

●「ストロボの色温度を下げる5500~3500」
 +104ミレッド。
 気になるのは、ストロボの色温度は、実測で5500Kなの?
 実測ならいいけど、通称5500Kだから、自分の使っているのも5500Kと思ったなら、まずは測ってみた方がいいと思う。

●「canon 580ex 修理可能」
 キヤノンでの修理受付は、すでに終了。
 レンズなんかだと、故障内容によっては、メーカー以外の修理業者もあるが、アクセサリーになると、どうかな?ストロボの故障だと、発光管や制御基板みたいな専用部品が必要になるから難しいんじゃないの?
 あと、キヤノンで修理受付終了になっても、まだ残っている部品があってそれで修理できるかもしれない?と、思ったなら、それはない。というのは、修理期限を超えたら在庫している部品は処分しちゃう。そういう意味では、補修用機能維持部品って、ことだな。
 キヤノンのカメラ関係の場合(多くは)製造終了後7年~10年は部品を持っている。ちなみに法律上は5年。エプソンのプリンタは、以前は7年だったけど、最近のは法律通りに5年になってる。そういう点では、キヤノンの7~10年というのは、まだ良心的なのかもしれぬ。

●「レンズを修理にだすと清掃する」
 キヤノンの場合、外観は近年になって、明示的な指示をしなくてもすべて清掃するようになった。
 内部は積極的な意味での清掃はしない。これは、作業指示や作業合意がないのに、修理担当者の判断だけで作業を進行するとトラブルになることがあるため。
 して欲しい場合は、明示的に指示する必要がある。中玉等で場合で、分解清掃が必要になる場合は、普通修理→重修理になり工賃が跳ね上がることもあるので、受付で訊いた方が間違いない。

●「東京オートサロン はみ毛」
 ははは。
 どうかな?そういうのを狙ったことがないので、わからんな。
 その昔、そこらの展示会でもハイレグちゃんを使っていた時代は、全剃がふつーだったんだって。今の子達は、そういう衣装は滅多にないから油断しているかも?
 現役を上がった子達から聞いた話だと、オーデションで水着になる機会も間々あるからお手入れしている子は多いって。

●「基準レンズ ピント調整」
 キヤノンの場合、EF85/1.8をベースにしたピント調整専用のものがある。計測器への接続用ケーブルなどがあって、一般には売っていない。サービスセンター専用。

●「キャプチャーワン7 ダウンロードする場所がわからない」
 たしかに、わかりにくいわな。
 本家に行けば、それらしいボタンがある。

●「px-5v マットブラックで光沢紙印刷」
 インクは用紙に適しているように作られているから(設計されているから)なんで、そんなことをしたいのか?理解できない。
 強引にやるなら、パソコン側の設定はマット系用紙にして、プリンタに光沢系用紙をセットすればいいのでは?
 けど、印刷品質は、全然だろうな。

●「1DX ファインダー 清掃」
 1D Xに限らず、すべてのEOSボディでは、分解を用さない掃除ならサービス窓口でやっている簡易清掃でやってもらえる(けど、作業的には、自分でも出来るレベル)。センサークリーニングの時に、その旨を申し出れば、やって貰える筈。
 そうでなくて、内部に入ったゴミ取りというならば、普通修理扱いになる。1D Xだと1万7千円(工賃のみ。税別。送料等別)コースなので、どうしても気になるなら話は別だが、ファインダーゴミ取り単品で頼むのは、どんなものか?と自分は思ってしまう。

●「キヤノン EF300 F2.8L III USM修理」「EF 300mm F2.8L USM II型 Canon」
 ここでいうII型、III型というのは、ISなしの初代EF300/2.8の俗称。キヤノンの正式なものではない。初代300/2.8では、光学系の変更はなかったが、一部のレンズが変更になったり、トランクケースやフードが変更になり、それを区別するために付いたもの。
 いずれにしても、キヤノンでの修理受付はとっくに終わっているので、修理するならメーカー以外の修理業者になる。修理業者はレベルに差があるので、修理内容に応じて選んだ方がいいだろうな。

●「eos-1d markiii ラバー 工賃」「EOS 1v ラバー剥がれ」「eos ラバー交換」
 おそらく外装品だけで済むと思われるので、工賃は軽修理の範疇でないか?部品代は千円ぐらいでは?
 とは言っても(EOS-1系だと)コミコミで1万程度になってしまうので、そのためだけに修理に出すことは、自分だったらしないし、実際してこなかった。当方は機材更新のサイクルが長い方なので、使っているうちに別のところので問題が出てくるので、そういう時に一緒に頼むようにしている。

●「オートサロンでカメコ規制したら入場者激減」
 激減というのは、半分以下?って、こと。
 さすがに半分にはならんと思うけど?
 もっとも、カメコの定義が出来んからね。うちらみたいな真性カメコは持ち物で判別できるけど、見ようによっては報道の方?に見えないこともないし。
 一般客が、会場で偶然見かけた女の子に惚れちゃって、にわかカメコになっちゃうパターンある。
 スマホなども含めた撮影行為が一般化した今現在で、会場全体で、クルマも女の子も、すべてを撮影禁止にするのも面倒。
 まぁ、話のネタとしてはわかるが、実際問題、規制なんて出来ない。

●「EOS 一枚目が真っ黒」
 シャッター故障の可能性濃厚。

●「600EX-RT 故障 修理 新品交換」
 初期動作不良で新品交換をして欲しいなら、販売店だろうな。
 メーカーのサービスでは、新品交換は無理だろう。

●「プロはsRGBとadobeRGBのどちらを使う」
 どっちも使う。
 プロといっても、間口は広い。
 ただ、今どきはWeb媒体のみのような形もあるから、そういう場合では、sRGB。

●「東京モーターショー カメラ小僧 2015」
 モーターショーって、10月でしょ?
 まだ、先だ。

●「築城 F-2 隊長」
 今の6スコの隊長さんは、変わり種。世間的な学歴は中卒。陸自の工業高校→陸自→空自航空学生を経て空自パイロットになった人。昔ならともかく、今でも、こういう人がいるんだぁ、と、びっくりしたっけ。
 
●「カメラ/レンズの接点を清掃してください 修理費用」
 それって Err 01のこと?
 レンズ側接点の寿命の可能性がある。あとは、表面化しているのは通信不良だけど、EMD故障(EMD:電磁絞り機構)で通信が正常機能していない場合もある。前者ならレンズ側接点交換。後者ならEMD交換。部品代は接点は8百円。EMDはレンズによって違ってくる。EMD単独で部番設定されているもの、後玉のレンズ群とセットになっているもの、いろいろ。
 
●「MVT-7500在庫ある?」
 なにか事情があるなら別だが、そうでないなら、在庫が残っていても7500は止めておいた方がいいと思うよ。

●「写真用紙エントリー<光沢>と写真用紙光沢の違い」
 エントリー用紙は販売終了。今はライト用紙ね。

●「キャノンのサービスセンターに修理を頼む方法」
 検索でアタシのところに来て貰うよりキヤノンWebサイトに行けば書いてある。

●「写真用紙 ばら売り」
 プリンタメーカーの純正紙だと、割高感はそれほどでもないので、バラ売りはどうかな?
 アート系ペーパーで1枚当り換算単価が500円以上になると、バラ売りはあり得るかも?
 ただ、そういう店があるのか?ないのか?

●「茨城空港~百里基地 タクシー代」
 どうだろう?空港ターミナル・基地正門の間は、2メーターぐらいか?
 ただ、もし撮影目的だというなら基地正門へ行っても、撮れるような場所じゃないよ。

●「ピクチャースタイルはどれが良いか」
 何度も書いているように、そういうのがわからない人は、スタンダードでいい。

●「MVT-7500 周波数編集事例」
 そんなの自分で使いやすいようにすればいいのでは?
 
●「百里基地2015飛行見学」
 これって、基地内での公式な見学のこと?
 それとも、基地外での、ただのヒコーキ見物のこと?
 前者なら基地に問い合わせ(グループでの見学のみ受付。個人では受け付けていない)。
 後者なら茨城空港ターミナルでいいんじゃねぇ?

●「キャノン 70-200 F4にISは必要か」
 ISだけに着目しちゃうと、ISなしか?ISありか?
 となってしまうが、F4のISなしというのは、フィルム時代の設計。デジで使うと条件が厳しくなると、簡単に破綻する。ISありの方は、デジになってからの設計なので、そういう点では改善が図られている。デジで使うなら、IS不要でも、IS付きの方がいいと思うよ。

●「ストロボはたまに発光しないとだめ」
 これは、使う状況によって、そうとも言えるし、デマとも言える。
 随分前の話になるが、5年以上使っていなかったナショPを使ってみたが、問題なく使えた。
 ただ、使用開始あたっては、キセノンガス活性化を図るような段取りを行った。そうではなくて、いきなり使い始めたら、たぶん期待したような動作はしてくれなかったと思う。
 すなわち、急に使い始めて期待したような動作をして欲しいなら『たまに発光していないとダメ』と言えるが、使い始める前に準備が出来る人には、デマと言える。

●「EFレンズ ピント調整 8点」
 8点?
 これって、AFフレームの数のこと?
 1D系は45点→61点だから、8点じゃないし?
 5D系は9点→61点だから、8点じゃないし?

●「windows7いまだに売っている」
 DSP版は、まだ売っていたハズ。

●「st-e2 使い方 マニュアル」
 これは、現行品だからキヤノンWebサイトに行けば説明書があったと思うよ。

●「18%グレー標準反射板の自作」
 この手合いの検索もたまにある。
 標準反射板っていうのは、一定の品質管理が行われた状態で、18%グレーになっていることを担保したもの。従って、精度が確保されているものと考えていいだろう。
 自前インクジェットプリンタでグレーの印刷をしても、それが正確に18%グレーなることは、まずない。インクジェットプリンタの精度なんて、そんなもの。それでもいいというなら、自分で印刷すればいいじゃん。

●「6D オートフォーカスがおかしい 故障」
 これだけでは、何がおかしいのか?わからんけど。
 ボディ側の問題か?レンズ側の問題か?切り分けるために、問題発生時とは、別のレンズに交換して再現性を確認する。
 というのは、AFの場合、ボディ側で問題が生じるのは、滅多にないから。
 あるとすればレンズ側可能性が高い。

●「eos 修理 DIY」
 故障箇所は、どうやって特定する?
 特定できたとして、部品はどうする?
 仮に他機から部品取りしたとして、動作確認(=検査)はどうする?
 シャッター幕なんて、計測器がないと所定の速度が出ているか?確認できんよ。

●「シグマ 修理 見積もり」
 シグマWebサイトに行けば、概算の費用が載っている。
 なにゆえ、アタシのところに来ちゃうのか?

●「2015年の航空ショーはどこで見れますか」
 大半の空自基地。在日米軍の航空基地。陸自・海自の航空基地。

●「a4フチ有ノートリ」
 いわゆる35ミリ判で、これをやると長辺側で余白が出来る。

●「cc mフィルターと蛍光灯の強さ」
 蛍光灯の管によっても変わる。
 1波長と3波長では違う。同じ3波長でも、メーカーに寄っても違う(例 パナと日立)。同じメーカーでも色によっても変わる(例 昼光色と昼白色)。
 デジだというなら、RAWで撮っておいて、後処理で合わせるのが現実解だと思う。

(参考)
閲覧統計 2014年12月
[PR]
by rainbow-5 | 2015-02-01 22:48 | 日記 | Comments(0)


<< EOS Digital シャッ... 閲覧統計 2014年12月 >>