第43回木更津航空祭(2015)
f0158244_3312563.jpg 3連休の週末は、木更津航空祭へ行ってきました。
 午前中、雨の天気予報でしたが強行しました。
 天気が良くない場合、ヒコーキものは出掛けないのですが、今回は雨でも結構。
 空自でしたら雨だったら、飛行展示の類いは中止になりますが、陸自は雨でもやります。訓練展示もやります。



 朝、出発の時点では、予報通りの雨。普通に降っている本降り状態。
 現着は9時ぐらいでしたが、雨は弱まっており、小さいのがポツリポツリと落ちている程度でした。
 下見にエプロンまで行ってみると、招待客は格納庫の中。エプロンの地上展示機は、片手程度。完全に雨シフトの体制。

 訓練展示の頃にには、雨はほとんど降らなくなっていましたが、風があって、秒速5メートル以上の感触でした。
 訓練展示は、数年前に行った時とは、パターンがかなり変わっておりました。雨や風の影響で、晴れの時とパターンを変えたのか?元々のパターンだったのか?招待客の位置関係からいくと格納庫で見せるというより、晴れ用のひな壇で見せる感触でしたので、今年のは、ああゆう感じだったのでしょう。
 撮影の方は、場所選びで失敗。ストーリーが事前にわかっているなら、別の場所にしたところです。

 当方にとって、訓練展示が終わってしまえば、航空祭は終わりなので、午後は木更津港のふ頭で行われた海自の艦艇公開へ。
 来週、観艦式があり、その事前公開のために艦が木更津に来ており、一般公開されていました。艦は、あすか(ASE-6102)・ちょうかい(DDG-176)・こんごう(DDG-173)。
 観艦式にあわせて、主に横須賀ではさまざまな行事が行われており、今年の観艦式では、10.10(土)~10.18(日)をFLEET WEEKと名づけております。
 横須賀や横浜ならまだしも、木更津だったら、天気も悪いし、人出はまばらか?と思っていましたが、それなりに来場者は来ていました。そうは言っても、艦への入場待ちはなくて、見学コースにすぐに入ることが出来ました。
 見学の方は1時間半程度で終了。イオンモールの大きなのが、近場に出来たので、そこで一休みして、夜の電灯艦飾へ。

 ところが、ふ頭の場所割が、観艦式用のため、艦に近づくことは出来ず。
 駐車場の外側、金網越しの撮影でした。
 おそらく、観艦式でなかったら、金網の内側に入れるのでしょう。
 仕方なので、昼間のうちに下見しておいた別の撮影ポイントへ。
f0158244_3324487.jpg
 とにかく、風が強いのなんの。
 おそらく10メートルぐらいあったと思いますわ。

 写真的には、陸も、海も、中途半端感がありましたが、1日で3種楽しめたので、良しとすることにします。

●関連リンク
第39回 木更津航空祭(2011.10.2)
http://rainbow55.exblog.jp/16634626/
[PR]
by rainbow-5 | 2015-10-13 21:30 | 日記 | Comments(0)


<< 閲覧統計 2015年9月 SUPER GT 公式テスト・... >>