閲覧統計 2015年9月
 このblogの9月の閲覧状況です。上位10位。
 検索キーワードで面白かったものもご紹介。



1.キヤノン 修理費用の目安(2013.12.15)
2.2015年 百里基地航空祭の検索キーワードにお答えします(2015.9.7)
3.ベストピント調整の方法(2015年版)(2015.5.21)
4.第29回百里基地航空祭(2013年)が終わって(2013.9.10)
5.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
6.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
7.キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
8.TV28Tv2DVB-T(R820T)(DVB-T+DAB+FM) USBチューナー(2014.12.22)
9.SIGMA AF 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports S014(2015.6.21)
10.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
次点.シグマでのピント調整(2009.9.4)

 百里基地航空祭が近づいて、また百里の検索が増えてきました。
 一般の方は渋滞と駐車場が気になり、マニアは予行が気になるみたいです。

 Yahoo Japan!の予告では、検索キーワード解析は9月までとなっていましたが、10月になっても出来ている気配です。
 それはそれとして9月検索キーワードでおもしろかったものをご紹介↓

●「EOS オーバーホール 外観」
 ん?
 なんか、誤解がある模様。
 カメラの世界では、オーバーホール作業では、外観に関わる部品は汚れ落としをする程度。クロームボディの場合は、汚れ落としにより外観の印象が良くなることもあるだろうが、ブラックボディの場合は、外観の印象が劇的に良くなることは、まずないと思われる。
 外観の感じを良くする(=新品時に戻す)ことを目的にオーバーホールをしても、期待したようにはならないと思う。

●「580EXⅡ 550EX ブラケット互換」
 キヤノンの案内では、スピードライトブラケットSB-E2は、600EX-RT・580EX II・430EX II用となっているが、穴位置が同じとなっている580EX I型でも使うことは出来る。
 550EXは、ボルト穴がないので使えない。

●「Canon 100-400mm 付属CD-ROM」
 そんなのあるの?

●「EF 24-105 F4 L IS USM コトコト音がする」
 カメラに限らず機械モノの異音の類いをカタカナにしたときの綴りというのは、人によって異なるもの。同じ音でも、人によってカタカナが違うもの。
 とは言え、レンズで『コトコト』というのは、異音だろう。一回、サービスに診てもらった方がいいと思う。

●「eos1v ピント調整」
 デジ機同様に出来る。

●「600EX 接点 接触不良 改善」
 ストロボの接点の件はキヤノンもわかっていて、580EXII型でレバー式にしたり、(ボディの)アクセサリーシューの黒塗装をクロームメッキに変えたりして改善は図っている。
 当方の経験では、通信不良や発光不良が生じた時は差し替えれば復帰することがほとんどだったので、装着前に接点を拭くことを励行している。それをするようになってほとんど問題は生じないようになった。

●「eos1n シャッターボタン 引っかかり」
 おそらく清掃で直るような気がする。
 1Nはキヤノンでの(部品交換を要する)修理受付は終了しているが、普通修理でやってくれると思う。
 
●「ピント調整はカメラ側で調整した方がいいの」
 ここでいうカメラ側というのは、一眼レフシステムのボディのことか?
 だとしたら、当方はキヤノンの経験しかないが、EOSシステムだとレンズ・ボディ共々メーカー調整に出すのが最良だと思っているし、メーカーのサービスもそう言っている。
 ボディ側だけを調整するのは、かなりアブナイような気がする。

●「EOS 7DMk2か5DMk3」
 7D MK2はスポーツとか、鳥とか、望遠を使う特定用途向けだから、7D MK2を使う人は、フルサイズ機との併用が多いのでは?
 従って、どっち?でなくて、どっちも。

●「ef24-105mm f4l IS usmのズームリングの調整の費用」
 頼んだ経験がないが、やってくれるなら普通修理扱いでないか?

●「canon レンズ 部品のみ取り寄せ」
 キヤノンのサービス部門に頼んでも、一般客には売ってくれない。

●「canon カメラ 2つ以上の故障があった場合 技術手数料」
 (同じ修理区分内なら)一箇所でも、二箇所でも、工賃は同じ。
 今の修理は、部品交換中心なので、分解して再組み立てする際に、元々の部品を取り付けるか、交換部品を取り付けるかの差でしかないから。

●「キャノン 修理工場 宇都宮」
 通常、宇都宮工場で修理はやってない。
 新宿などのサービス窓口で『工場へ送って直します』と言うことがあるが、ここで言う『工場』というのは修理工場をさしており生産工場ではない。

●「CANON EF100-400mm 後ピン オーバーホール」
 現状が後ピンなので、オーバーホールに出したいと思っている?
 それとも、オーバーホールにレンズ単品で出したら後ピンにかって返って来た?
 前者ならピントに限ればオーバーホールなんて全然必要ない。千円のベストピント調整で十分。但し、ボディと一緒に調整に出して。
 後者なら再修理依頼でピント調整をして貰う。但し、今度はボディと一緒に調整に出して。

●「レンズ カメラ 中古 ピント 修理」
 EOSシステムの場合、バラツキが大きいので、新品だろうが、中古だろうが(厳しくみた場合)ピントは合っていないものと受け取った方がいいと思っている。現物を入手して、自分でテストして、その結果でどうするか?考えるしかないと思う。

●「航空祭 シグマ150-600」
 これまでの試し撮りから、400ミリまでならEF100-400/4.5-5.6 II型とおおむね同等か、わずかに劣る程度ではないか?500・600ミリは、400ミリまでと比べてしまうと劣るので、オマケ程度と考えることも出来る。
 そう考えることが出来れば、航空祭向きのレンズといえると思う。
 SレンズとCレンズのチョイスとなれば、画質的な差は、あまりないようなので、Cレンズでいいのではないか?
 そう遠くない将来、EF200-600/5.6みたいなのが出ると思うけど。

●「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports EF100-400」
 撮るものや組合せるボディでも変わるとは思うが、当方の感触では、シグマのCレンズで充分なのではないか?
 EF100-400 I型とシグマ150-600Cでは、シグマの方が全然良い。
 EF100-400 II型とシグマ150-600Cでは、シグマの方がわずかに劣る程度で、さらに500、600まで使えるのでシグマの方がいいように思う。
 要は、400~600が必要か?で評価軸が変わるような気がする。
 当方のはSレンズだが、当方の撮っているものでは、AFに大きな不満は今のところない。

●「SIGMA 150-600 F4-F5.6 OS付」
 F4-F5.6って、新型なの?
 シグマの今のはF5-6.3。
 このズーム域で、いくら広角側といえどもF4というのはないだろう。技術的には可能でも、お値段に跳ね返る。

●「テンバ P595 定価」
 当時は、正規の国内代理店がなかったので、定価みたいなのはなかったように記憶している。それとプラザ合意の前だから為替レートは、今とは比べ物にならない。

●「航空機撮影のレンズAF微調整」
 何度も書いているけど(キヤノンEFの場合)300ミリ辺りを境目に、いわゆるピントのズレは無視できるレベルになる、というのが経験則。
 飛んでいる場合、ある程度離れているので、ズレがあったとしても深度で吸収されると思われる。
 70-200クラスだとテストでズレが認められることがあるかもしれないけど、これも離れてしまえば、実用上問題ないと思われる。
 心配ならメーカー調整をすれば、それで十分だと思う。

●「自衛隊入間基地外から航空機撮影できるか」
 出来る。
 但し、原則、土日・祝日等はお休み。

●「入間基地 航空祭 穴場」
 自分でGoogle検索をしてみたら、こんなのがあった↓
・入間基地航空祭 2015の穴場スポット!駐車場や混雑を回避するイント!
http://sk-imedia.com/irumakitikoukusai-3177.html
> 周辺のコイン駐車場の相場は、30分100円程度(9時~17時)とのこと。こうしたコインパーキ
> ングが利用できればラッキーかもしれません。
> 周辺で収容台数の多い有料駐車場を挙げると
> タイムズ入間市駅南口(入間市豊岡1-1)
> リパーク入間豊岡1丁目(入間市豊岡1丁目13)
> リパーク入間市駅南口(入間市豊岡1丁目2)

 これを書いている人は、ネットで調べただけで、実際に行ったことがないな。
 この記事を信じるか?信じないか?

●「観艦式 撮影ポイント」「観艦式 ブルーインパルス撮影場所」「自衛隊観艦式 ブルーインパルス 見える場所」
 これは陸の上から撮る。ってこと?
 ブルーが観艦式に出るのは、今年が初めて?
 なので、よくわからない。
 9月下旬に今年の観艦式の出し物が発表になった。昔の陸自観閲式(今の中央観閲式)では観閲飛行の中で1パスしていたので、それと同じだと思っていたら、展示飛行をするとのこと。海の観艦式でフ
ルショーをやるとは思えないので、課目を選んだ短縮版だろう。
 陸で一番近いと思われるのは城ヶ島だが、それでも8nmは離れている。茅ヶ崎辺りだったら10nm以上離れていると思われるので、遠目にスモークぐらいは見えるかもしれないが、撮影は豆粒じゃねぇ?
 単に艦を撮るだけなら出港・帰港の時に通る観音崎や富津岬がいいように思える。ただ、同じことを考える人間は多いだろうから混むんじゃねぇ?

●「百里基地公開訓練」
 なにか、勘違いしてね?
 その昔は、訓練展示なる内部行事があったが、これは航空観閲式に取って代わったようだ。
 そうではなくて、航空祭のことを『公開訓練』と思っているとみられる。

●「築城駅 航空祭 見える」
 周りに建物があるので、飛んでくるヒコーキは見えることもある、という程度でないか?
 国道まで行けば見通しは、よくなる。
 いずれにしても見物だけであり、撮影には不向き。

●「モノクロ フィルム 現像 価格 カメラのキタムラ」
 これって、TRY-Xのような純粋モノクロフィルム?それともC-41プロセスを用いるカラー現像だけどモノクロ仕上がりのフィルム?
 後者なら、カラーもモノクロも同じじゃない?
 前者なら、キタムラも写真屋だから請けるとは思う。処理はフジの総合ラボに出すのだろう。

●「ヨドバシカメラ ピント 補正」
 これって、ピント調整を販売経由で頼む、てこと?
 当方は、販売店経由でピント調整を含む修理の類いを出すことは、ほとんどない。
 理由は、事象の細かい事が、間に入る人間が多くなるほど修理現場に伝わりにくくなると思っているから。
 そういうことを気にしないなら販売店経由だと手間もかからないから、いいかもね。
 逆にみると、あれこれ気になる人は販売店経由で頼まない方がいいと思う。kakaku.comなどをみていると販売店経由で修理依頼をして、ブーブー言っている人がいるが、そういう向きは販売店は経由しないで、メーカーのアフターサービス部門と直接やり取りした方がいいように思うけどなぁ。

●「カメラのピント微調整の簡単なやり方」
 そんなのがあったら、アタシが知りたい(苦笑

●「ストロボの玉を自分で交換するには」
 大型ストロボは発光管は自分でも交換できると思うので、説明書に書いてあるはず。
 クリップオン ストロボは分解が必要だし、高圧がかかっている箇所もあって危険なので、自分で交換するのは止めておいた方がいいと思う。第一、交換用の発光管は、どこから調達するの?

●「LEDライト グリーン被り フィルター」
 CCのMをかける。
 号数は被り加減によって変わってくるので、これだけでわからん。

●「600mm機内持ち込み」
 テンバの600mm+1D級が入るバックは、外寸がオーバーする。保安検査でクリア出来てもコンパートメントに収まらない可能性あり。
 ラムダIII型は外寸はギリギリ。重さは、入れる機材がレンズだけならいいが、他のものを入れて、保安検査で厳しくされるとアウトになる。国内線だったら言葉も通じるので、ギャンブルだが、外国だったらダメっぽい。

●「ビックサイト 西屋外駐車場 入り方」
 たしかに、わかりにくいわな。
 水上バスのターミナル側から客用の駐車場へは入れない。
 西棟と東棟の間にある、ゆりかもめの車庫へ向かう道路が客用の駐車場へ向かう道となる。ゆりかもめの車庫の手前でUターンをしないと駐車場入口に入れない。

●「スーパーGT もてぎテスト 2014」
 昨年(2014年)は、もてぎの公開テストはなかったと記憶。
 2013年はあったと思う。けど、雨だったような気が?

●「ツインリンクもてぎ 撮影ポイント」「スーパーGT ツインリンクもてぎ 撮影ガイド」
 奥川さんによるガイドが9月に載ったので、そっちを見て↓
・【特別企画】WTCC開催記念 ツインリンクもてぎ撮影ガイド(前編)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/20150904_719494.html
・【特別企画】WTCC開催記念 ツインリンクもてぎ撮影ガイド(後編)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/20150907_719682.html
 この記事では1~5コーナーまでは捨てちゃっている。まぁ、そうだわな。

●「スーパーgt 公式テスト もてぎ 駐車場」
 場内の駐車場は、ほとんど使える。
 レースの大会で指定駐車場となるN1やS1、キャンプステイなどの駐車場も、GTテストでは一般駐車場と同じ料金で停められる。ただ、N1やS1は、グラスタに近いので早々に満車になる。
 N5やS8は使えない。テストだと客は多くないので、他の駐車場で十分足りる。

●「ブルーインパルス 茂木 場外」
 あぁぁ...ほぼ無理。
 山の中なので見通しがきくところが限られる。姿のかけらが見れれば良いというならともかく、撮影向きの場所はないと思う。確実に撮りたいなら場内がいいと思うよ。

●「sugo 撮影ポイント」
 レースの前になる、ほぼ毎回ある検索。
 SUGOは、撮れる場所があまりないの。

●「東京モーターショー 新木場 駐車場」
 新木場方面に、モーターの主催者側が設ける駐車場はない。
 新木場近辺(のコインパーキング)に停めて、りんかい線で国際展示場駅まで出るの?
 アイデアとしてわかるけど(朝から行くなら)ビックサイトの駐車場やお台場の駐車場の方がいいように思えるけどなぁ。

●「東京ビックサイト 飯 モーターショー」
 前回までと同じなら常設の店舗と西棟駐車場の出店。

●「70-200 モーターショー」
 なにを、どう撮りたいか?で、変わってくるが、クルマにしても、コンパニオンちゃんにしても、70-200等の望遠系は、あった方がいい、という程度でないか?

●「東京モーターショー 駐車場 穴場」
 人によって見方があるので、ある人には穴場でも、別の人には、とんでもないこともある。
 ビックサイト至近の民営駐車場は会場に近いけど、モーター期間中は普段の倍近い料金体系になっている。高くても近いのでいいという人には穴場かもしれない。

●「オートサロン ビジネスディ」
 そんなのない。
 金曜日の午前中にあるのはプレス向けの取材の時間帯。もっとも、それとて建前のようなもので、実態は別のところにある。
 オートサロンにふつーの展示会の常識は通用しない。それがオートサロン。

●「mvt-7500 アンテナ 交換」
 おかしなのを拾うので、あえて感度が悪いアンテナに交換している。飛行場の近くでしか使わないから、トータルでは、この方が使い物になると思っている。

(参考)
閲覧統計 2015年8月
[PR]
by rainbow-5 | 2015-10-17 10:09 | 日記 | Comments(0)


<< 本日のRJAH 第43回木更津航空祭(2015) >>