平成27年度 入間航空祭(2015年)
f0158244_22444576.jpg 11月3日。入間航空祭でした。
 天気次第で、入間か、モーターか。そう思っていましたが、先の築城に続き、晴れの予報でしたので、入間にしました。



 東京から電車だけで行けるお手軽な航空祭で、ここのところ32万人、29万人の来場者でしたが、今年は20万人(毎日新聞Webサイト)とのこと。
 現場の感触でも、朝の電車もギュウギュウ詰めという程でもなく、お昼前のエプロンも若干の通り道が残っている状態で、これは行っても25万か?と思っていました。外来帰投終了まで残っていましたので、帰りも入間の割にはスムーズでしたもの。
 入間は、もともと20万人前後の来場者でしたから、30万人前後となった2013年、2014年が突出していただけかもしれません。(参考:狭山市人口 約15万人)
 ただ、20万人だって、少ない数でじゃありませんから世間一般からみれば人出は多いです。空いていた訳じゃないです。

 昨日の雨が早朝まで残っており、出発時は天気がやや心配でしたが、現着時は晴れてきて、そのまま終日快晴。視程40km。
 シルバー↓
f0158244_22424660.jpg
 この課目をやるようになって青空で撮ったのは初めてかも?
 5番機だけ今年も増槽なし。ただ近年の中では、やや物足りなさがあったような気も。
 YSも、C-1も、飛びましたが、機体が古いので、以前のような飛行はしてくれません。なんか、F-4といい、空自は年寄りの集まりか?

 10時ぐらいから風が出てきましたが、ブルーのスモークはわりと残ってくれました(風速9メートル。13時)。いつも寄りの写真なので、たまには広角のを↓
f0158244_22444576.jpg
 近年のブルーは、入間でアクシデント続き↓
・2012年 公開展示飛行中でバードストライク
・2013年 公開展示飛行中にドクターヘリが空域に入る
・2014年 慣熟飛行でバードストライク
 今年もレインフォールがデルタループっぽい機動にスワップでした(おそらく空域に鳥が入ってきたのではなかろうか?入間の鳥さんはブルーに近づきたい模様)。その程度のことで、演技は継続したので、軽微なことでしたけど。

 昨年(2014年)帰投時になんの芸もなく帰っていった21航は、今年は一芸をやっていきました。
f0158244_22452510.jpg
 この季節の晴れた日の3時過ぎというと光線が横から当って、機体が綺麗に映りますな。
 無線の感じではPは♀。女の人の方が、海自らしさがわかっておる。

 2回連続快晴の航空祭で良かったです。今年は、これで充分です。
 いや、待て、ブルーは、あと一回あるかも。

●関連リンク
・平成26年度 入間航空祭(2014年)(2014.11.4)
http://rainbow55.exblog.jp/23230939/
・平成24年度 入間航空祭(2012年)(2012.11.4)
http://rainbow55.exblog.jp/18127365/
・平成23年度 入間航空祭(2011年)(2011.11.3)
http://rainbow55.exblog.jp/16777592/

 以下、当方が見聞きしていたもの(2015.11.6追記)
・先週ぐらいから、今年は入間航空祭の検索が昨年より少ないかな?
 と感じていた。結果論であるが、検索が少なかったのは、行こうとした人が少なかったということに。
・ブルーは前々日(11.1(日))に入間入り。
 前日(11.2(月))の慣熟飛行は天候不良(雨)につき未実施。
・今年は遠回りをして正門から入ってみた。正門前の通りは入間市駅側からの一方通行になっていた。一方通行化したのは、今年なのか?昨年なのか?不明ながらも、以前は一般客用駐車場がないことをわかっていない客のクルマが入ってきたり、団体バスツアーが客をうろうろしたり、けっこう騒々しい感じだったが、割りと整然とツアー客が降りているだけだった。こうなったのも、32万人の洗礼を受けたからか?
・正門の開門は8時15分頃。毎回正門でないが、ちょっと遅かったと思われる。エプロン解放は8時50分頃だった模様。これも遅め。
 滞留の数で時間を前倒しすることがあるが、今年はそれほどでもなかった模様。朝の時点で、30万人の線はなかったのだろう。
・踏切前にはDJ自衛官と称する仮設やぐらが出現。今年が初めて(たぶん)
 ここで踏切のさばきをやっていた。
・踏切での入場制限はやらなかった模様。
・昨年同様に銀座通り→エプロンへ直接進入は出来ず。左右(=南北)からエプロン入るルートになっていた。昨年は、ブルーを右側(=南側)に駐機したが、今年は中央。昨年は、客が左右に集まってしまい、真ん中に来てくれなかったので、ブルーの場所を今年は変えてみたと推察。結果は、昨年に同じで、真ん中の密度が低かった模様。後ろの方では、ブルーの尾翼の先っちょが見える程度だから、ブルーで客寄せちゅーても、無理があるような?
 従って、来年(2016年)は、銀座通り→エプロンへの直接進入が復活すると予想。
 ただ、今年は、エプロン直近のとなる仮設トイレを置いてしまったので、それを止められるか、どうか。
・女子トイレ大幅増。
 昨年までは(ブース数は別として)場所は男女同一。今年は女子だけの場所が多数出現。
 2014年 女8箇所 男 8箇所
 2015年 女18箇所 男 12箇所
 数えてみたら、男の方も増えていたんだな。
・無線は、必要に応じてVも使用。
 近年は、Uしか使っていなかったと記憶。今のヒコーキは、戦闘機でなくてもUが使えるので、Uだけでいいように思ってしまうが、やっぱりやりづらいのだろうか?
 なお、ブルーコントロールは今年も322.2。
・撮影開始後、シグマ150-600でピントがロストする現象が多発。軽くパニックになったが、AF設定に誤りがあった。
・午前中、ご一緒させてもらった隣のご年配のご夫婦。ご主人は21航の帽子。
・救難展示は、60のみ。旧アスコットは地上展示のみで、上がらず。なお、60は百里救難隊50周年記念塗装機。
・外来にアタッカーの姿なし。F-4はRFもなし。P-3が来て、P-1は来なかった。E-2Cもなし。E-2Cは
・今年は、F-15とF-2の帰投をプログラムに記載。
 昨年はプログラムにF-15の記載があったが、当日、中止のアナウンスがあった。
 今年のF-15はたーだ上がって、すげー高いローパスをしていっただけ。F-2はロックウイングだけで、ローパスもせず。あれだったらプログラムに載せるほどじゃないだろう、と。
 マニア的にはつまらないものだったが、一般客にはブルーの後に出し物があることで帰りの客の分散化を狙っていたと思われる。
・海自のSH-60Kって、ドアを開けた時、ドアの窓が日の丸のところにきて、日の丸が見えるようになっている。初めて知った。
・今年も外来機帰投時に第2輸送航空隊司令よりねぎらいの言葉があった。昨年は、偉い人が出てきて、若いPは驚いてぎこちない様子だったが今年は想定内だった模様。
・昨年、退場専用として初めて登場した狭山市駅方面門(今年の名前は狭山市役所臨時門)は今年もあった。さらに入曽駅臨時門(退場専用)を開設。どちらも専用構内バスを運用(徒歩は不可)。
 入間市駅は修武台門(入退場)があるので、周辺4駅を使うという大作戦になった。
・午前中、隣に陣取った30代ぐらいの女の人。
 リュックから取り出したのは、70-200/2.8と1D(おそらく1D X)。レンズにテレコンを付ける。フードをごそごそとやっていたのは偏光フィルターを付けるため。両耳にイヤホン。どうやらレシーバーらしい。帰りにブルーの帽子を買ってくれ。そうすればマニア出来上がりだ。
[PR]
by rainbow-5 | 2015-11-03 22:48 | 日記 | Comments(0)


<< 第44回東京モーターショー2015 閲覧統計 2015年10月 >>