キヤノン デジカメ用メンテナンスサービス あんしんメンテ
 (2016年)7月21日からキヤノンで(デジタルカメラの)新しいアフターサービスを始めました。
 表面的にみると、ただの値上げじゃないか!と見る方もいるとは思いますが(当方の言うところの)サービスレベルを上げており、これまで、曖昧になっていたところの明確化を図ったのは、一歩進んだかと思います。
 先日、時間があったのでキヤノン新宿で新しいサービスの内容について話を聞いてきました。



 新サービスのアウトライン↓
・キヤノン、カメラ点検サービス「あんしんメンテ」を開始
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1007702.html
 一言で言うと、
・(1年保証外の)センサークリーニング   1000円→3000円
・(1年保証外の)AF調整(=ピント調整=ベストピント調整) 全機種 1000円→(機種により)3000~10500円
 に変更ということです。

 サービスメニューの詳細↓
・あんしんメンテ スタンダード
http://cweb.canon.jp/e-support/maintenance/camera/standard/
・あんしんメンテ プレミアム
http://cweb.canon.jp/e-support/maintenance/camera/premium/

●あんしんメンテ スタンダード
 これまでサービスセンター持込み限定(当日仕上がり)で行っていたメニューを拡大・明確化したものです。ボディだけが対象で、レンズは対象外です。
 (2016年)7月20日まで(=変更前)行っていた(この手合いの)サービスメニュー↓(税別)
1.デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ センサー清掃(\1000円(1年保証内は無償))
2.(非分解)デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ ボディ簡易清掃(\500)
3.デジタル一眼レフカメラ 簡易点検(非分解・無償)
 一言で言うと、これまで(ボディでやってきた)上記3点をまとめたものです。
 サービスメニューの移行に伴い、上の1.3.は7月20日で終了となっています。
 上の3.について、以前サービス窓口で話を聞きましたが、カメラに詳しい人なら自分でできるレベルの確認作業。計測器等は使わない。はじめてデジカメを買った人向けのサービスとなる、と話しており、あんしんメンテ スタンダードも同じ層を想定している、とのことでした。
 これまでの3サービスとあんしんメンテ スタンダードの違い↓
・サービスセンター持込み限定だったのを送付サービス等でも対応(但し、らくらく修理便の場合、無料キャンペーン適用外となり、らくらく修理便の費用負担は必要)
・ミラーボックス内清掃はこれまでもやっていたが、作業内容に明記されていなかったので、それを明記
・これまでの簡易点検は何をやっているのかハッキリさせていなかったが、点検項目を表示して明確化を図った
・値上げ(3サービス合計 1500円→3000円)
 センサークリーニングだけでみれば、1000円が3000円に値上げなので、値上げ幅が大きいと感じる人は、多いでしょう。
 センサークリーニングだけをして欲しい客にとっては、他の点検と抱き合わせになったので、作業時間が増すことになり、ただでさえ、さっさとやって欲しいのに仕上がりが遅くなり、なにもいいことはありません。(お値段は3倍になったが、作業人員は従来に同じとのこと)

 あんしんメンテ スタンダードによる点検で、要修理箇所が発見された場合で、その流れで修理依頼をした場合、あんしんメンテ スタンダード→普通修理(もしく重修理)へ切り替わり、あんしんメンテ スタンダードの費用は消滅し、普通修理(もしくは重修理)の方の費用だけとなるそうです。
 キヤノンで言うところの修理対応期間(旧アフターサービス期間)を満了している機種でも、サービスは受けることは出来るそうです。(但し、点検結果で修理必要となった場合、修理は出来ない)

 従来から行っていて、今後も残るもの↓(税別)
・(非分解)交換レンズ簡易清掃(\500)
・(非分解)デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ ボディ簡易清掃(\500)
 外観清掃だけは単独メニューとして残すそうです(但しサービスセンター持込み限定)。EFのゴムリングの白い粉のような汚れは、交換レンズ簡易清掃で直るそうです。

●あんしんメンテ プレミアム
 キヤノンとしては、新しいサービスメニューとなるもので、ボディ・レンズ共々、修理工場送りの預かりとなるものです。
 主に清掃を行うスタンダードの内容に加えて、フランジバックやシャッター等を計測器を使って非分解で点検します。点検の結果、基準値より外れている場合は(客の要望を確認した上で)普通修理(もしくは重修理)へ切り替えとなり、その場合、あんしんメンテ プレミアムの費用は消滅して、普通修理(もしくは重修理)の費用負担となるのはスタンダードに同じです。
 AFピントはやや異なり、点検の結果、(電気系を含む)メカ類等に問題がある場合は(客の要望を確認した上で)普通修理切り替えとなりメカ類修理後、AF調整を行います。この場合の費用は普通修理の分だけです。(普通修理にAF調整は含まれる)
 AFピント点検の結果、メカ類に問題がなく、ピントにズレがある場合は(従来でいうところの)ベストピント調整を行います。調整作業の費用は、あんしんメンテ プレミアムに含まれます。従いまして(1年保証外の)従来のベストピント調整(1000円)は終了となりました。(1年保証内の(無償の)ベストピント調整は継続)
 AFピント点検の結果、メカ類等に問題があるが、客が普通修理をしないでAF調整だけを行ってくれと要望するのが、組合せ上はありますが、これは請けてくれません。なぜならAF調整はハードが基準値を満たしているのが前提条件なので、前提条件が崩れている状態ではAF調整は無意味だからです。
 あと、キヤノンで言うところの修理対応期間を満了している機種でも、サービスは受けることは出来るそうです。(但し、点検結果で修理必要となった場合、修理は出来ない)

 キヤノンのサービスメニューには、似たような各部点検がありますが、あんしんメンテ プレミアムとの違い↓
・各部点検            分解をする
・あんしんメンテ プレミアム   分解はしない

 他のサービスメニューとの費用比較↓(税別・送料等別)
                1DX系   5D系
 オーバーホール工賃     34000円  24000円
 普通修理工賃        17000円  12000円
 あんしんメンテプレミアム  10500円   7500円
 あんしんメンテスタンダード  3000円   3000円
 (オーバーホール・普通修理は工賃のみ。部品交換をした場合の部品代は別途)
 プレミアムの金額から清掃代となるスタンダードの分を差し引いた点検料部分は(単純計算では)1DX系で7500円、5D系だと4500円となります。非分解、計測器使用の点検料としてみれば(同業他社と)相対的には、これぐらいの金額になり、メーカーサービスの料金としては妥当なところだと感じます。

 ただ、ベストピント調整が大幅値上げになっています。もっとも、変更前の1000円というが、破格に安かったのもの確かだと思います。金額もありますが、肝心なのは中身の方。これまでのキヤノンのベストピント調整は、格安だったせいなのか?一回の作業で満足できる内容だったことは、ほとんどありませんでした。要するに安かろう、悪かろうでした。今度のサービス体系は、それなりの金額になったので、一回の作業で決められるようになって欲しいものです。(但し、作業手順等は従来のベストピント調整と同等とのこと)
 AFピントの点検をキヤノンのサービス メニューとして公表したのは、今回が初めてになります(裏メニュー的扱いで従来からベストピント調整はありましたが、あれは点検・調整であって、点検単独でなかった)。他社では、とっくの昔からAFピントの点検がメニュー化されていましたから、ようやくの感があります。しかも他社では200ミリ程度までのレンズは、点検のみの場合、サービス窓口持込みで即日仕上がりがほとんどですから、その点だけに限れば、キヤノンは預かりだけというのは、他社より明らかに劣ります。(同業他社の中には、サービス窓口持込みで点検・調整即日仕上げというところもある)

 Webサイトの案内では、レンズの料金が機種ごとに明記されていないので代表的なレンズの料金を教えてもらいました↓
・EF50/1.8       3000円
・EF85/1.8       4000円
・EF24-105/4 IS    5500円
・EF70-200/4 IS    5500円
・EF70-200/2.8 IS I型  7500円
・EF300/2.8      10500円
 上限10500円になっているので、300/2.8以上はみんな同じだと思われます。そういうわけで、当方の推察による料金体系は、こんな感じでしょう↓
          あんしんメンテプレミアム  各部点検
・定価 5万以下       3000円       6500円
・定価 5万~10万      4000円       6500円
・定価 10万~20万     5500円       9000円
・定価 20万~50万     7500円      12000円
・定価 50万以上      10500円      17000円
 あんしんメンテプレミアムは、おおむね各部点検の2/3程度に設定していると思われます。
 非分解作業である、あんしんメンテプレミアムの料金が、本体価格の違いによって異なるのは、いささか納得がいきません。50/1.8と600/4では、外観清掃は表面積が異なるので、作業手間に違いがあって料金が違ってしまうのはわかりますが、清掃以外の点検項目は、50/1.8だろうが、600/4だろうが、同じにしか見えませんから、そこで差をつけられても釈然としません(これが分解清掃だというなら、50/1.8と600/4に差があるのは納得が行くのですが)。
 ボディの方も同様で、AF点検・調整以外の項目は、1D系だろうが、キスデジだろうが、同じ点検項目数なのに、10500円と5500円では、だいぶ差があるように感じられます。(細かくみればボタン類の数が1D系の方が多いには多いが)
 高い製品の方が点検費用も高いというのは、一見もっともらしいようですが、まやかしに感じられます。
 そういう見方となれば、キヤノンの他のサービスメニューとのバランスという点では、非分解の作業なので、本体価格に関係なしで一律5千円程度が妥当のように感じました。

●その他
・1年保証内の(単独での)センサークリーニングは今後も無償とのこと。
・あんしんメンテ スタンダード・プレミアム共々、点検という観点から1年保証の適用外となる。(但し、単品メニューとしてのセンサークリーニング・AF調整は別)
・あんしんメンテ スタンダード・プレミアム共々、キヤノンフォトサークル会員の修理割引の対象になるとのこと。
 AF調整中心にみた場合、ボディ1台、レンズ数本でしたらそれなりの金額になるので、キヤノンフォトサークルに入ってから作業依頼した方が良いと思います。(現時点の損益分岐点は2万5千円程度。現行の会則は2015年3月以降のもの。それ以前は会費が高かったので分岐点も高かった)
 例)5D系1台+大三元の3本=3万円 →2万5千円を超えるので入った方が割安になる
・あんしんメンテ プレミアムでベストピント調整を行った場合、修理保証は2週間となる(=従来に同じ)。
・キヤノンWebサイトのあんしんメンテ スタンダードのページにある「実際に撮影を行い、簡易的にピント・露出などを点検します」というのは、動作する・しない、大きく外していないか?確認する程度であり、いわゆるAFのピントのズレの確認作業は行っていないとのこと。
 AFのピントのズレを点検したい場合は、あんしんメンテ スタンダードでなく、プレミアムの方になります。
・キヤノンWebサイトのあんしんメンテ プレミアムのページに作業紹介の動画があって、主に前半部で、ボディの分解を行っている様子が映るのですが、あれは修理センターの紹介であり、あんしんメンテ プレミアムの作業内容ではないそうです。あんしんメンテ プレミアムはすべて非分解とのことでした。

 これまでキヤノンサービスのメニューに非分解・計測器使用・即日仕上げの点検メニューを作って欲しい旨のことを申し上げてきましたが、あんしんメンテ プレミアムは、当方の要望に近いものになっています。ただ、納期と金額に難あり。
 現状のサービスセンターで即日仕上げの作業場所を確保するのは難しいとは思いますし、機材・人員の問題もあるとは思います。しかし他メーカーの一部ではサービス窓口での即日仕上げをやっているところもあるので再考をして欲しいものです。

 点検と修理は、隣り合わせのものです。
 当方は、これまで点検に出すということは、修理必要箇所が出てくるのは覚悟の上でした。
 これまで、1年に一件ぐらい点検等に出すことはしてきて、それ自体は、今後もやって行くと思いますが、サービスへの依頼事項としては、各部点検か、オーバーホールにして、あんしんメンテ プレミアムにすることはないと思います。
 センサークリーニングも、風塵を使うようになって、以前に比べれば、利用回数も減っています。それでも、年に何回かは拭いてもらう必要が生じますが、大幅値上げになって、処理待ちに延々と待たされる新宿等のサービスセンターへの持込みは、気が進みません。他の案件と一緒でもない限りセンサークリーニングをキヤノンに頼む気は、今ではありませんから。


●参考リンク
・キヤノンフォトサークルのご案内
http://cweb.canon.jp/cpc/
・デジタル一眼レフカメラ撮像素子清掃料金有償化のお知らせ(2009.3.19)
http://cweb.canon.jp/e-support/repair/eosd-cleaning.html
●関連リンク
・キヤノン ピント調整有料化(2012.1.29)
http://rainbow55.exblog.jp/17132502/
・キヤノン修理センターのご紹介(2015.3.1)
http://rainbow55.exblog.jp/23717600/
・ベストピント調整の方法(2015年版) (2015.5.21)
http://rainbow55.exblog.jp/24009255/
・C.I.C(2016.6.30)
http://rainbow55.exblog.jp/25377103/
[PR]
by rainbow-5 | 2016-08-07 20:15 | AFピント関連 | Comments(1)
Commented by ブレ at 2016-08-10 16:42 x
保証期間内のBP調整は受けられないと中之島では言っておりました。
明らかな基準外のズレがある場合のみ故障修理対応として受け付けるとの事です。


<< 閲覧統計 2016年7月 SDHCカード新調 >>