百里基地創設50周年記念航空祭(特別公開)2016
f0158244_19381666.jpg 今日は,航空自衛隊 百里基地航空祭の特別公開へ行ってきました。
 今年は場内で見る手筈を整えることが出来ましたので、会場での見物でした。



 空自航空祭の場合、一般公開日の前日に客を入れて見せることは、以前から割りとやっています。対象になるのは、身障者や子供、入隊希望者など基地によっていろいろ。(やらないところもある)
 例えば、浜松の場合、前日の昼過ぎから主に身障者を対象として、ブルーの慣熟飛行を観てもらうのを以前からやっており、今年は特別公開と名乗っておりました。築城では、身障者と入隊希望者、隊員家族に、前日の朝から8空団の展示飛行とブルーの慣熟飛行を観てもらっており、プレ航空祭と呼んでいます。浜松も築城も、限定的内容となっており、一般公開日とは展示飛行・地上展示の内容も異なり、業者売店も出ません。
 茨城空港建設工事本格化以降に百里で行っている特別公開というのは、主に周辺在住者を募集して一般公開日とほぼ同じ内容で行っているものです。展示飛行・地上展示は、一般公開日に同じ。業者売店もありますし、周辺在住者とは別の招待客(白・黄・赤・青)も入れての式典も一般公開日同様に行われています。これは、茨城空港の開港により基地内の航空祭用駐車場スペースが減ってしまったため2日間開催として客の分散化を図るためです。基地側の目論見としては、特別公開日=近場の客、一般公開日=遠方の客としたいようです。
 従いまして、百里では特別公開日も一般公開日も違いはなくて、どちらもほぼ同じ内容になっており、百里の前日の特別公開日は、浜松や築城の前日とは、目的がまったく違うことになります。

 現着7時半頃。
 今年も基地周辺道路は、原則右折禁止。反時計回りに行かないと、どんだけ行っても駐車場に入れないということに。
 明日の一般公開日に行く方は、その点、ご注意のほどを。

 朝の天気は快晴。気温0度。北風 2m。視程10km以上。(RJAH METAR 2016.11.26 0700 JST)
 今年の(展示飛行の)タイムスケジュールは、ほぼ午前中で終わってしまうので、当方の撮影開始は8時からで、朝から忙しかったです。
 オスカーは0730にT-4×2でテイクオフ。
 結局、ウエザーのくせして、3パスぐらいやってました。この時点で、昨年とはえらい違い(苦笑

 今年は百里基地創設50周年+301SQは百里に帰ってきたこと目玉だったのでしょう。
 その301SQ↓
f0158244_19363392.jpg
 筑波山にケロヨンというベタな写真。

 マーチフライトで飛び立つF-4↓
f0158244_1937862.jpg
 これが撮れた時点で、本日は満足してしまいました。
 スプレッド3連投は空振りでした。当方が行った予行の時より会場寄りで全機ブレークしてました。消防車庫か?その手前か?

 ファントムフォーメーション↓
f0158244_19374542.jpg
 先週の予行よりはマシでした。けど、イマイチ
 ちなみに、客に近い手前側(左翼側)が301SQという編隊でした。

 百里基地50周年で、204SQと305SQのF-15が地上展示されてました。
f0158244_19381666.jpg
 手前から204SQのF-15・302SQのF-4EJ改・301SQのF-4EJ改・305SQのF-4EJ改・305SQのF-15。
 梅組ファントムは、部隊マークだけ。こういうのは、小松でやったりしますが、百里では珍しかったかも?
 なお、地元のマニアさんの話では、204SQと305SQは、ホンモノで、昨日(金曜日)飛来したそうです。

 百里を去ったF-15は、小松からの地上展示機を上げて、機動飛行をやりました。ファントムに遠慮して、高度も高く、課目もそれほどでもなかったです。
 地上展示機に海自なし。P-3Cは場所を取るから、仕方ないにしてもSH-60はあっても良かったかと。
 ブルーは、プログラム上は1120~1200。これじゃ、ウォークダウンはないのか?と思っていましたが準備はしていました。
 ただ、先行の救難展示がドクターヘリの影響で押してしまい(ショーとしては)いきなりランプアウトからスタートという珍しいパターンでした。(普段だったら後側のことは考えないでウォークダウンもディレイしたのでしょうが、今回は、後側に祝賀行事等があるので前倒ししたと思われます)
f0158244_19385571.jpg
 おまけのクリスマスツリー。
 新田原などではやっていますが、百里でやったのは初めて?
 見ての通りショーの後半は雲が出てきて1区分→3区分へ変えてのショーでした。

 昨年さっぱりだった百里ですが、50周年のためか?今年は持ち直した感じで、良かったです。上中下でいうなら上の中か?ただ、百里という視点で見た時は、2012年の上の上があるので、あの時との比較では、今回は上の下と感じました。
 明日(一般公開日)は、雨は避けられそうですが、今日の天気で撮ってしまったので、行かないと思います。
 お日様がない分、寒さ感はあると思いますので、寒さ対策に気を付けて行ってきて下さい。

●関連リンク
・本日のRJAH(2016.11.18)
http://rainbow55.exblog.jp/26946196/
・第29回百里基地航空祭(2013年)特別公開(2013.9.7)
http://rainbow55.exblog.jp/20348895/
・第28回百里基地航空祭(2012年)(2012.10.22)
http://rainbow55.exblog.jp/18090409/

 以下,いつも通りの当方の見聞きしたこと。
・F-4が見られるのも、あと5,6年程度か?
 仮に2021年までとしても、航空観閲式があるので、今年を含めて航空祭で見られる機会は4回(2022年はF-4導入後50年)。そのうち晴れの日となると、更に機会は減ってしまうだろう。
・T-4が、けっこうなハイアングルで離陸。あんまり憶えがない。
・救難展示はU-125とUH-60が同時離陸。
・ファントムフォーメーションの301SQ×2は、離陸時にスプレッド、そのまま会場正面から再進入してローパス。その後、ホールディングポイントへ向かった。真正面→頭上だったので、低く感じた。どうみても500ftはない。体感的には100ftぐらいに感じたが、実際は200ftぐらいか?
・AGG、戦術偵察は、鉾田側へ旋回するパターンが多かった。
・創設50周年記念だったのに、記念塗装機の類いはなかった。シャークティースもなし。
 いや、待て。梅組ファントムが、記念塗装機か?(笑
 同日開催の築城には、記念塗装機があるらしい。
・郵便局の記念切手シートの表紙が、青ファントム。
 そっか、もう、ファントムしかいないから、その中で選ぶしかないわけか。
・結果論であるが、撮影ばかりになってしまい、売店を見ている時間がとれなかった。(昼食は、軽いものを持参)
・航空祭コントロールは、百里GCA。ブルーも。
・ブルーは、土曜日の朝、やってきた。キーパーも、その後、ブルーキャメル80で到着。80はKC型。ブルーキャメルはKC-767と横並びで地上展示機となった。
 KC両機が名古屋以外で見られるのは、そうそうないのでは?
・今回のブルーは、70-200主体で撮ってみた。
 スモークとからませる、という前提付きで、そこそこ撮れる。
・外来機にC-1の姿なし。(402SQのU-4は来てた)
・今年は(去年から?)、場内の訓練場も一般向け駐車場になっていた。会場に近いのは良。帰りの渋滞が激しいのが凶。
・ブルーが午前中で終わってしまったので、12時になると一般客は帰路モード。帰りの混雑を分散化する試みと推察するが、業者売店(特に食い物屋)は泣きだろう。
 売店の〆切後に追加募集があったのだが、説明会でタイムスケジュールを聞いて辞退した業者があったのかもしれぬ。
 個人的には、百里に限れば今年のタイムスケジュールに賛成。実質的に8時過ぎから始まっているのだから、12時までやれば(一般客には)十分だろう。午後、地元部隊がトリというのも良い。ただ、電車+バス組には辛いとは思う。
・音楽隊は、空自中央音楽隊が来てた。

 2016.11.27 一部追記
[PR]
by rainbow-5 | 2016-11-26 19:40 | 日記 | Comments(0)


<< 百里基地創設50周年記念航空祭... 本日のRJAH >>