閲覧統計 2017年5月
 このblogの5月の閲覧状況です。上位10位+次点。



1.ベストピント調整の方法(2015年版)(2015.5.21)
2.キヤノン 修理費用の目安(2013.12.15)
3.SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsを使ってみて (2015.11.28)
4.EOS 7D MarkIIを使ってみて(2015.12.5)
5.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
6.SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMを使ってみて(2015.11.21)
7.キヤノン DPPの使い方(2011.7.24)
8.キヤノン デジカメ用メンテナンスサービス あんしんメンテ(2016.8.7)
9.シグマでのピント調整(2009.9.4)
10.ドンケ フォトベスト(2012.10.14)
次点.何を信じたら,いいのやら...(2008.4.8)
 久しぶりにランクインした10位のですが、2,3年前に販売終了になってます。米国サイトでも終了のアナウンスされているで、これから国内で新品を入手するのは難しいと思われます。
 代わりになるのもありますが、似たような機能性のものは、高いのが難点。そういう点では、ドンケのは良かったです。

 検索キーワードは、激減状態でした。

●「デジカメラはピントが甘い」
 文脈からフィルム時代との対比と思われるが?
 フィルムカメラで、50ミリ標準レンズで撮影距離2.5メートルで写して、ターゲットの近くに置いた定規の目盛りを読み取ることが出来たか?ルーペや投影機を使って相応に拡大したとしても、フィルムの粒状性から、定規の目盛りでピントを判定するのは無理だと思う。
 デジタルだとパソコン画面で100%等倍表示をすることにより、ピントの判定はかなり容易になった。
 逆に言うと、フィルム時代に比べて、デジタルは厳しさの度合いが格段に上がったとも言える。
 そういう視点でみれば、デジカメはピントが甘いと言えないことはないだろう。

●「航空観閲式 いつ」
 6月16日に発表になった。事前公開 2017年10月22日(日) 本番 2017年10月29日(日)

●「航空自衛隊 観閲式 チケット 募集」
 航空観閲式だというなら見学のための一般募集は、これまでなかった。
 今年(2017年)も、今までのところ一般募集の気配はない。
 陸自中央観閲式、海自観艦式などには一般募集枠があるが、航空観閲式ではこれまで募集したことがない。また、地元の市役所で券を配ったこともない(現地マニアにヒアリング済み)。当方の見方では、航空観閲式の会場となる百里基地への交通アクセスの問題に起因しているように思える。もし、そうなら今年になって圧倒的に改善されているわけじゃないので、今年もないと思う。

(参考)
閲覧統計 2017年4月
[PR]
by rainbow-5 | 2017-07-29 19:51 | 日記 | Comments(0)


<< 閲覧統計 2017年6月 2017 SUPER GTシリ... >>