ピント調整後のピントテスト
f0158244_0185448.jpg 先に,キヤノンサービスから戻ってきたEOS-1D MarkIIIのベストピント調整(=AFピント調整≒ピント精度調整)ですが,実験好きの性分ですから,トーゼン結果判定を行いました。
 結論は,ひとまず改善効果が認められる。
 に,なるかと思います。



 7/20(土)のカンカン照りの日に,チャートを撮りました。
 当日は,もう,それだけでギブアップ(笑
 なんせ,太陽光でないと納得が行かないので,晴れていないとダメなんですわ。当方の場合。
 この季節に,日中,チャートの撮影に3時間,1000枚強も撮るなんて(苦笑

 こんなに撮ってしまうと,その判定だけでも,それなりに時間を要するものです。
 チャート撮りで改善効果がなかった場合は,追試をやって,再度,キヤノンへ照会するつもりでしたが,今のところは,その必要はない感触です。
 まさか,5週間もかけただけのことはある?
 百発百中を求めているわけではありませんし,実用の範囲内になれば,いいので,こんなものかなぁ?と。

 次のステップは,実戦での確認になります。
 これも,そんなガチガチには考えていなくて,撮影時に,ピントのことを,ある程度意識して撮るって感じですけどね。普段だったら,あまりやらないようなAFフレームの選び方とか,その辺りを確認する程度です。

 実は,先週,草レースで主に望遠レンズの状態を見てみようと思っていたのですが,雨の天気予報でお流れに。
 レース場で,長玉をだかえて,オロオロするのは,勘弁です。
 それとヒコーキですかね。この季節に飛行場へ行くのは,なかなか決意が必要です。天気次第で,近々行くことになると思いますが,あまり嬉しくないですな(笑
 望遠系は,さして心配していないので,やらなくてもいいのですがね。

 あとはモデル撮影会。
 これも,ピント確認という点では,屋外ロケの撮影会がいいわけですが,この季節に,ロケ撮りを昼間長々とやっているところは少ないです。
 写真連盟などの「大撮影会」は,ロケなので,いいのですが,あの手合いのに,レンズを何本も持っていくのは感心しません。参加者多数なので,盗っ人がいるんですわ。当方は,被害にあったことはありませんが,写真仲間の話では聞いたことがあります。

 ひととおりの結論を8月中旬ぐらいまでには出したい,と思っているのですが,この分だと,ちょっと難しいかも。

 以下,ここまでの感想。
・EF24-70mm F2.8L
 今回も不調。
 単に個体の問題なのか,このレンズは,こんな程度なのか?似たような24-105/4 ISは,ちゃんとしているのに...判断に迷う。
 おそらくキヤノンのことだから,先行き2年以内にIS付きを出すと思われ。
 それまでガマンするか。シグマに行くか(笑

・EF24-85mm F3.5-4.5
 無難なレンズだと思っていたが,調整後,ちょっと気になるようになってしまった。ダメという程でないが,少し合わないことが多い。

・EF24-105mm F4L IS
 元々,このレンズは,豪快な歪みを別とすれば,それ以外は,次第点。
 発売直後に買って,MK2でピント未調整でも,実用になった。途中で対策品と,物々交換したので,今,持っているのは2本目になるが,これもピントはちゃんとしていた。

・EF24-105mm F4L IS
 マウント部に擦り傷ハッケーン(苦笑
 このレンズは,前もやってしまったの。単に稼働率が高いせいだと思うけど。

・EF50mm F1.4
 こっちでも,マウント部に擦り傷あり。ただ,程度は軽微。
 レンズリアキャップを地面とかに落として,異物が付き,そのままレンズに装着してしまったものと推定。
 写りに影響しないと思うので,ひとまず放置(苦笑

・EF28mm F1.8
 なんか,今度は,コイツが片ボケか?
 これも左側が甘い。最初のテストでは,背景が抜けていて,前景が平面だったので,気が付かなかった。ひとまず追試要。

・EF100-400mm IS
 直進ズームだが,ズーム時の音が気になる。こんなにしたっけ?

・EF85mm F1.8
 片ボケの疑念があったが,キヤノンによれば「良好」と判定。
 戻ってきてからのテストでも,左側がやや甘い印象。たぶん基準値の範囲内だと思う。このレンズは,割と使っており,これまで,そういうのが気になったことはないので,チャートでも撮らない限り気にならないレベルだとは思うけど。

・EF100mm F2
 85/1.8が片ボケの疑念があるせいか,今回,使ってみて随分いい感触。85/1.8の方が稼動率が,全然高いので,単に100/2の消耗度が低いだけ?
 別件でEF LENS WORKを見ていたら,85/1.8と100/2って,MTFが結構違う。MTF信者じゃないけど,そういうことか?

・いつもの失敗
 この手の実験をやった後に思うのは,ちゃんとしたのを撮っておけばよかった,と。
 変な言い方ですが,この場合ですと,実験はみんな絞り解放で撮っています。主要被写体はチャートですから,デジのせいもあって,みんなほわほわ画像ばっかり(苦笑
 こんなのばかり見ていると,自分のレンズが心配になってきたり,感覚が狂ってきたり。
 1枚2枚でいいから,f8ぐらいまで絞ったのを撮っておけばよかった,と。

 そういえば,当方が,自分の機材をキヤノンのサービスへ持ち込んだ時,隣の受付に,ピントの調整に来ていた人がいました。
 チラッと見ただけですが,ボディはKissデジ1台,40D(or 30D?)1台,レンズはEF70-200mm F4,EF17-40mmF4,EF-Sの広角っぽかった。依頼主は,30代と思われる女の人で,事務的にピントの調整を依頼していました。
 ダンナの代理で来ていたのか?自分の機材なのか?知る由もありませんが,ピント調整って,こんなに来るもんなの?

f0158244_0185448.jpg
 貼った写真は,調整後に行ったチャート撮影の画像。
 この画像は,今回見直したEF100mm F2によるもの。
 調整後の結果確認も,最初の時とほぼ同じ要領で行っています。但し,撮影に使った公園は,今回は,木陰が少しはある別のところにしました。最初の公園は,地面がコンクリブロックで照り返しもあり,撮影に向いた場所には日陰もないためです。
 キヤノンが延々と作業をやっているうちに,季節も変わってしまったということですかね(苦笑

 一応,撮影条件等を記しておきます
・天気  晴れ(午後実施)
・三脚  未使用(=手持ち),シャッター速度は1/4000より高速側を確保
・画像  JPEGのみ(RAW撮影なし)
・絞り値  原則,開放
・被写体  チャート2種,公園にあったブロック1種,望遠レンズは横断歩道
・撮影距離  自分の撮影スタイルで一番近い距離感のもの,それより離れたもの
・AFフレーム  中央部,右端,左端(これ以外の測距点での撮影は行わず)
・ピクチャースタイル 忠実設定
・シャープネス  最弱(忠実設定の標準)
・撮影要領
 ワンショットAF,AF制御はシャッターボタン(=工場出荷時),合焦マーク点灯後リリーズ。
 AF作動前には手作業にてフォーカスを外しておく。この時,1枚目は前ピン側,2枚目は後ピン側として,前ピン側,後ピン側を交互とする。1測距点当り6コマを撮影。

 三脚使わなくていいのか!とか,撮影距離が焦点距離の50倍じゃないだろう,とか,あったりしますが,キヤノンのサービスの追試をしているわけじゃないし,自分の実使用状態というものありますから,こんな感じでやっています。
 まずは,これでやってみて,結果をみて,必要なら三脚でも撮ってみますし,撮影距離も再考するという,出たこと勝負でもあります。

 結果の判定は,画面当倍で観察し,満足のいくものを○印,許せる範囲は△印,ハズレは×印としています。これはカウントアップすれば出来るんですが,それはやっていません。表計算ソフトで全体の分布を見て,だいたいの傾向を見ています。数字で「合焦率,何パーセント以上なら合格」そういうのを持ち合わせていませんから,感覚的にやっています。


 以上が,今日までの状況なのですが,この件について,まとめて書く機会は当分ないと思うので,以下,オマケ。

●一眼レフのAFの原理
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/core/caf/
 ニコンのだけど(笑
 ニコンもキヤノンも,ハネウェル特許だから,原理的には同じ。
 このページの図1に「合焦状態での像間隔」というのがあって,この箇所を調整するがピント調整ということです。
 EFの初期の頃は,レンズの特定の部位から信号を取り出してオシロで表示していたそうですが,今はもっとちゃんとした測定器になっているみたいです。

●広角系でAFがあわない理由
 AFセンサーは,像のボケ具合(ズレ具合)を判断してピントを決めているわけですが,広角レンズの場合,そのボケ量が少ないので,ピントが合っている/合っていないの判断が出来ない傾向になってしまうのだと思っています。
 F2.8であっても広角ズームレンズの場合は,情報量(この場合は,光の量)が不足しているので,このようになってしまうのだと思います。
 当方の経験でありがちなのは,手前に主要被写体があるのに,ピントが抜けて後方に合ってしまうこと。カメラが,おそらく,後方でピントがあっていると判断してしまって,それ以上のピントサーチをしないのだと思います。
 17-35/2.8を使う時は,かなりの寄りでない限り,AFフレームは真ん中だけ。ピントリングは最短方向に手で動かしてからAF動作に入れるようにしています。

●近接撮影でAFがあわない理由
 様々なファクターが入り乱れるので,近接撮影ではピントがこない確率が上がってしまいます。
 おそらく最短の2倍~4倍程度までは,この現象が出やすい。
 ヒントを外してしまう要素を取り払っていけば,ピントはあうようになると思われますが,今度は,実撮影環境からかけ離れてしまいます。たとえば必ず三脚を使え,っていっても,物撮りだけならまだしも,そうじゃないのだから,それは無理。被写体が静物ならいいですが,生き物なら,動くことはあり得えます。
 この距離感で,百発百中を求めても,たぶん現状では無理なのでは?

●AFマイクロアジャストメント/AF微調整機能
 キヤノン・ニコン共々,一般的には,この機能での調整は不要。と言い切っています。
 両社とも表向きは,客のニーズに従って搭載したといっていますが,実際は,設計・検査(or 工場)・サービスの各々の立場の事情だと,憶測しています。ただ,それは,ユーザーには関係ないのこと。
 個人的には,ないよりはあった方がいいと思いますけど,これですべてが解決になるとは思っていません。

●EOS-1D MarkIIIのAF
 AF関連のカスタム機能は14種。
 有効なAFフレームは45→19点へ変更。数は減ったが,19点すべてクロスセンサーとなっています。これはAFの性能を高めるためだと思います。
 キヤノンはEOS-3以来,45点を採用していますが,あのまま45点で使っている人って,どれほどいたのでしょうか?隣り合わせが密集したAFフレームじゃ,数はあっても,役立たず。かえってAFフレームを動かすのに時間がかかってばかり(苦笑
 MarkIIIのようなカメラですら,まだAFは不充分で改良の余地があると思っています。

●外側のAFフレームの精度が悪い理由
 レンズが丸いから(笑
 外側にいくと,光量が低下したり,収差が生じたりします。これらにより,AFセンサーが十分な情報を得ることが出来ないので,外側に行くに従って精度が落ちてくるのだと思います。
 よって,一番レンズの状態が良好な,真ん中でピントが合うのは理にかなっていると感じます(苦笑

 逆説的な見方↓
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/10/18/2480.html
> 現在のサブミラーを使った方式では、このぐらいの範囲が精度を出せるエリアとなります。
> すべてのEOSレンズとの互換性を保証する限り、これを拡げるのは将来も難しいですね。
> レンズとの互換性を割り切るならば、拡げる事も可能ですが

 今のAFフレームの配置で言えば,外側のAFフレームは,限界ギリギリの位置になるのだと思います。ギリギリなんだから,精度が悪いのは仕方ないことかもね。

●被写界深度に収まる筈では?
 う~ん,難しい。
 というのは「被写界深度」が崩れてしまったから。
 被写界深度というのは,許容錯乱円からきているわけですが,その許容錯乱円というのは,フィルムからの紙プリントを,例えば「キャビネ判を25~30cmで観察」「ワイド四切を50cmで観察」して算出していたわけです。
 ところが,デジでは「画面当倍(100%表示)を50cm程度で観察」するようになってしまったので,基準が全然変わってしまったわけです。デジに強引に当てはめれば「(ピントを吸収するという意味では)デジでは被写界深度は,限りなくZero」ということに。
 深度がないとは言わないが,深度に頼った撮り方をすれば全滅の可能性あり。
 撮影意図するところにピントを合わとおかないと,思ったような絵にならないと思います。

●AFセンサーの実態
 この手合いのセンサーというと,古い人は,昔の内蔵露出計の如くのcdsのようなものだと思ってしまいますが,機械的には,ビデオに近い(モノクロ)。
 ニコンに詳しくありませんが,キヤノンはフィルム時代の初代EOS以来,ずっとCMOSを使っています。文献で手元に残っているものですと,EOS-3は約1万画素のCMOSのAFセンサーを使っています。
 このAFセンサーは,時々刻々と変化する画像をキャッチし,ビデオ信号として動画記録は出来ませんがビデオと同じです。動体予測は,プログラムとかもありますが,まずは,連続した画像をキャッチできるようになったから出来るようになったもの。ビデオなので,色温度やフリッカーの影響は受けると思っています。
 なお,ミラーボックス→AFセンサーへ導く光路上には,絞りに相当する機構もありますから。

●EOS 5DのAF
 主に写真仲間の使用感,一部ネットに書かれていることなどから,EOS 5Dは,ピントが優秀みたい。
 部品レベルでみると,AFセンサーやAFミラーなども,1D系と同程度の筈。
 フルサイズだと,ピントが出るということ?
 けど,1Dsだって,5Dの方がいいというのが,当方の周りの評判。
 どういうカラクリで,5Dのピントがいいのか?(謎

(参考)2008.6 EOS-1D MK3ベストピント調整のリンク↓

・Speed Master(2008.6.7)
http://rainbow55.exblog.jp/8312826/

・ベストピント調整(2008.7.20)
http://rainbow55.exblog.jp/8661730/

・ベストピント調整の方法(2008.7.26)
http://rainbow55.exblog.jp/8707365/
[PR]
by rainbow-5 | 2008-08-02 00:59 | AFピント関連 | Comments(0)


<< PX-5600への要望事項 プリント プラグインを試す >>