<   2008年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Netscapeの終了
Webブラウザとしての,Netscapeが3月1日をもって息を引き取るそうです(サポートの終了)。

Netscapeの系統は,今,Firefoxになっているので,そういう意味では,今でも流れは生きているのですがね。
当方がWWWというのを初めて見せてもらったのは1993年頃でしょうか。
場所は,電子技術をやっていた国立の研究所で,見学させてもらったのです。この時の機械は,Macでした。Windows 95登場以前なので,Windowsだと3.1の頃でしょう。
雑誌などで事前情報を得ていたので,それ自体にビックリ仰天はしませんでした。既に米国ホワイトハウスとか,大手企業はWebサイトを持っていました。国内でも首相官邸とか,電機・計算機メーカーなどはWebサイトが出来ていました。NTTだったか,富士通だったかに「日本の新着情報」というのがあって,国内の全WWWサーバーの更新情報が,そこに集約されていたものです。Webサイトの数が,全然少ないから出来たことで,今じゃ,完全に無理。
Macなのでグラフィカルなのは,ある意味当然で,当時の回線に見合ったコンテンツでしたが,このようなものがパソコン通信のようなクローズ状態でなく,一般に開放された回線で使えるようになったら,さぞかし威力を発揮するだろうと思ったものです。
それとリンクという方法を,実際に操作してみて驚きました。WWWサーバを運営している組織自体が,直接の関連なしにNTT→首相官邸へ画面を遷移させることが出来たからです。
当時とは,状況がかわってしまっていますが,そういう原体験があるので「リンク規制」を表明しているサイトには,かなりの違和感を今でも感じます。

自分のところでInternet接続をしたのは,1995年頃だと思います。地方都市ながらISDN(64k)に対応したプロバイダーが来たのがキッカケでした。
Webブラウザは,東芝情報が販売していたNetscapeを3k¥ぐらいで買いました。Netscapeは,フリーでしたが,まずは回線につながっていなくては最初のWebブラウザが手に入らない(笑)。パソコンを買えば,Webブラウザが入っている今とは違います。東芝情報のは,配布用の便宣を図るためのパッケージであり,紙媒体の製本された和訳マニュアルも付いていました。この値段ですから,手間賃程度のものだったと思います。

あの頃は,Mac使いでしたから,WebブラウザはNetscapeの系統を長らく使ってきました。いわゆるブラウザ戦争といわれていた時期にMicrosoftはMac版IEを出したりしましたが,ちょっと試した程度ですかね。そういう経緯をたどっているので,Windows機を使うようになってもFirefoxを使っております。世の中には,IEじゃないと拒絶するところなんかがあったりして,そういう時にはIEを使いますけどね。

思い起こせば,Internetに接するようになって,もう10年以上になるわけですな。その大半はNetscapeを使っていたことになります。あの頃のNetscapeが持っていた,勢いのようなものを今,感じるのは,間違いなくGoogleです。ネットが,ブラウザという外身から,コンテンツという中身へ移ったということでしょう。
パソコンとか,ネットとか,そういう世界では,浮き沈みは付き物です。Netscapeの終了は,なにかひとつのものが終わったんだな。そんな印象です。
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-29 23:11 | 日記 | Comments(0)
Photoshop CS3
ここ何か月のあいだ,もやもやしていることに,Photoshopのバージョンアップがあります。Photoshop CS3です。
決して安くないバージョンアップ料金。当方の場合,完全道楽ソフト。仕事とか,業務とか,そういうのは,ぜ~んぜん関係ない。
Adobeへのお布施みたいなものなので,一回ぐらい見送ってもいいかと思っていたし,過去には,そうしたこともありました。
ところがです,今回を最後に,飛ばしのバージョンアップは認めないとAdobeは言って来た。つまりは,今後は,毎回必ずバージョンアップお布施を払い続けるように。との,お達しです(泣

実際問題,Photoshop Elements(EL)で十分じゃん。本家Photoshopでないと出来ないことって,なんでしょう?
以前だったら,Camera RAW+Bridgeは,大きなアドバンテージ。女の子の写真に限れば,キヤノンDPPなどの他のRAW現像ソフトが馴染めなかったので,Camera RAWが必要だったのですが,LIGHTROOMを知ってしまった今となっては,なくても問題ありません。

トーンカーブ?最新のELには,本家ほどではありませんが,簡易版トーンカーブがあるみたいです。LIGHTROOMの補助光効果やRGBまとめてトーンカーブでもいいし。ほとんど使っていませんがGIMPにはRGB毎のトーンカーブがあります。ELにない機能の時だけ,GIMPを使うとか。

校正。最新のELでも校正は出来ない模様。ソフトの購買層からいって将来も付くことは,ないでしょう。当方の使い方では,校正と言っても,プロみたいにCMYKじゃなくて,フロンティアのシミュレーターだし,なくても支障ありません。それにフロンティアって,最近,頼んでいないじゃん。みんなPX-5500ばっか(笑
あれこれ調べていたら,校正も,GIMPで出来るみたい(驚

Photomergeやレイヤーの自動整列は,便利そうにみえるけど,本当に使うかな?最初に試して,ハイ終わりの可能性大。それに待っていれば,そのうちGIMPに付きそうな感じだし(笑
ちょこっと調べてみたら,レイヤーの自動整列は,アイデアはGIMPの方が先で,Photoshopの方が後追いのような気配が...GNUおそるべし

ここで大問題。ELにしても,GIMPにしても,カラーマネージメントは,Windowsで,対応しているのか?(爆
ELと言えどもPhotoshopを名乗っているのだから大丈夫なのだろう...GIMPだって,Photoshop(本家)キラーと名乗っているのだから大丈夫っぽい...って,希望的すぎ
こういう時,Windowsは,面倒ですよね(苦笑)。MacだったらOSレベルの管理なので,何も考えなくてよろしい。

LIGHTROOM+Photoshop EL+GIMPで本家の置換えシステムとする方向に傾いていますが,さて,いかがなものでしょう。
当面の間は,CS2を使い続けますけどね。
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-26 22:39 | 日記 | Comments(0)
モニターの調整方法
モニターキャリブレーターという測定機が市販されており,この測定機を使えば正確に合わせることが出来ます(という事になっている。笑)。
当方も,i1 Display2という,定番商品も持っていますが,当時,40k¥弱した筈。アマにとって,モニターの調整に,この金額は,かなりのお値段だと思います。(PX-G920のせいです。後悔はしていませんが,未だに釈然としないものが残っています。

そこで,もっと簡便な調整を紹介しておきます。

--- 2009.3.9追記---
この記事は,主に自宅のモニターとフロンティア プリント(お店プリント)のマッチングについて説明・提案です。
他の用途(例:インクジェットプリンタ等)については,別記事をお読みください

続きを読む...
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-25 20:20 | 写真関連メモ | Comments(0)
フォトエキスポ2008
あと1か月でフォトエキスポです。
最近じゃPIEとか名乗っていますが,SP(セールス・プロモーション)業界では,今でもフォトエキスポと呼ぶんじゃないかと。
この世界,最初に定着してしまった展示会名は,あとになって名称変更になっても,そうそう変わるもんじゃありませんよ。ワールドPCだってそうだったし,ロップもそう。

フォトエキスポって,普段,カメコで行っている展示会と違って,展示物・出展物も,少しは興味があるので,やや面倒。
1か月前なので,もう出し物も決定だろうと思って,ホームページを眺めてみました。チェックしたのは,有料セミナーとか。
CMSセミナー
http://www.photoimagingexpo.jp/cmsseminar.php
CMS(カラーマネージメントシステム)だけで,有料セミナーのコーナーが出来ているとは(驚
というか,単に他の項目と分類分けがなじまなかっただけ?
3年ぐらい前なら行ったかもしれないが,もう,いいや。

日本写真学会セミナー デジタル時代の画像保存を考える
http://www.photoimagingexpo.jp/seminar/no21.htm
保存性の話。エプソンが100年とか,200年とか,自慢しているヤツ。エプソンが言うことは,ともかく,学者の実験も,ちょっと聞いてみたい気がする。
要旨集が1000円で別売なので,それで,いいか(笑

レベルアップセミナー(無料)
http://www.photoimagingexpo.jp/levelup.php
プログラムを眺めていたら,聞いてみたいのがありました。無料なので,行ってみるか?

撮影会
http://www.photoimagingexpo.jp/idol.php
ビックサイトになってから,毎年やっているような気がするけど,これって,客来るの?
ワンエイトの子だったら,毎月,撮影会に出ているわけだし,それと比較したら,この撮影会は,参加者数を勘案したら,どうみても割高。指導の先生が付いているので,この料金なんだろうけど,それにしてもである。小澤氏とは,一度話したことがあるけど,この世界の人にしては,随分とおとなしい印象だったけどなぁ。

今年は,日曜日がなくなった。祝日(3/21)があるので,休日2日間は確保されているけどね。
それと来年,2009.3.22は,東京マラソンなんだよな。日程は,たぶん,前後にズレるんだろうな。

それより,今年のフォトエキスポの招待券をカメラ屋に頼まなくちゃ(笑
地方の店なので,手配をしないと分けて貰えないんですよ。
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-22 21:28 | 日記 | Comments(0)
東芝のHD DVD撤退
f0158244_21732100.jpg今では,ビデオフォーマットに関心がなくなってしまったので,聞き流したニュースであるが。
古くは,VHSとベータのようにフォーマット競争は,なにかと面倒なことになる。東芝がHD DVDの製品を市販に踏み切った時点で,けっこう厳しいと感じたものだが,やっぱりなぁ,というのが正直なところ。けど,それほど市場に商品が出回っていなかったので,今の時点なら,被害(と,言っては言い過ぎか)は最小限だったと思うので,東芝のような大企業だと意思決定に時間がかかる筈で,その点,早い決断をよくしたものだ,とも思う。

そういうのは自分には,あまり関係ないのだが,カメコ的には,これでCEATEC JAPAN(毎年秋にある電機メーカーの大展示会)の出展社が,また一つ減ることになる。
HD DVD陣営・Blu-ray Disc陣営共々,電機メーカーとは別に独自に出展していたんですよ。大中小なら中規模ブースで,女の子も10人強使っていたと思うので,今時の展示会出展社としては,貴重なところ。Blu-ray Discも出展していたが,ライバルがいなくなると,こっちも出展しなくなったりして...そうなると2社撤退の可能性も(苦笑

もうHD DVDの衣装も見ることが出来ないのかぁ。


モデル 中村理沙子(CEATEC JAPAN 2007)
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-20 21:07 | 日記 | Comments(0)
フロンティア VS PX-5500
富士フイルムのデジタルミニラボ機フロンティアとPX-5500で,同一の画像をプリントし,比較した。

■試験画像
キヤノンWebサイトにあったサンプルイメージ。(初代EOS-1Ds)
主なExif情報は,次の通り。
Canon EOS-1DS,2002.10.15 18:39:52,1/60,F8.0,ISO 100,Exif Version 2.20,135mm,ホワイトバランス 太陽光,シーンタイプ 標準,評価測光

続きを読む...
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-17 23:22 | 撮影実験 | Comments(0)
カタログの写真 VS PX-5500
EOS 5Dのカタログに載っている写真と同じ画像がキヤノンWebサイト(5Dの製品)にあるのでPX-5500で印刷し比較した。

■印刷方法
・ICCプロファイルによる印刷
プロファイルは,自分のPX-5500より測色して作成したカスタムプロファイル。知覚的,相対的で各1枚。

続きを読む...
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-17 22:12 | 撮影実験 | Comments(0)
裏印字の読み方-フロンティア(フィルム)
フロンティアの紙プリント裏印字の説明

f0158244_19493573.jpg裏印字というのは,ラボプリントの裏側に印字されている英数文字のこと。プリント時の設定パラメータが印字されている。

NA 0ANA0N0 11A+ 1 9813

続きを読む...
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-16 18:48 | 写真関連メモ | Comments(0)
自動補正による紙プリント
いわゆる自動補正機能の効き具合を試した。

■試験方法
露出アンダー傾向にあるデジカメ画像を異なる印刷方法でプリントし,印刷結果を目視で観察する。
画像はJPEG撮りっぱファイル。(RAWはソフトより印刷NGの場合があるため。JPEG撮りっぱをソフトで読むことにより,途中で画像加工ソフトを介した場合に起きるExif関連の書換え,紛失を回避するため)
プリンタはエプソンPX-5500を使用。
画像の主なExifは,次の通り。
Canon EOS-1D Mark II,2004:11:06 12:32:30,1/800,F4.0,絞り優先AE,ISO 400,Exifバージョン 2.21,フラッシュ 発光,50mm,ホワイトバランス オート,シーンタイプ 標準,フラッシュ発光強度補正 0 EV

続くを読む...
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-16 17:50 | 撮影実験 | Comments(0)
ラボ袋
正式な名前がわからないのですが,ラボ受付で使われている封筒を,ここでは「ラボ袋」と呼ばせてもらいます。これ↓です。
f0158244_17455442.jpg

店頭ミニラボ処理でもラボ袋は使われていますが,当方が行っているお店の場合,店内処理とラボ処理では,別の袋を使います。これ↑は,フジカラー系ラボ用。
短冊が付いていて「東京行」,「東京営業所行」と書かれています。これは店頭受付後,お店の方が付けた物で,フジイメージング調布(=東京事業所)への処理依頼を示しています。調布への作業指示を出しているのは注文主である当方です。何でも東京がいいとは限りませんが,こんな風になってしまったのには,いろいろな経緯・経験を経てのことです。
短冊が,あったり,なかったりするのは,工場→お店に戻ってきた際に,用済みとなった短冊を外す店員さんもいれば,そのまま,客に渡す店員さんもいるためです。
右端のラボ袋の短冊はお店のパソコンで印字したものです。って,ことは,このお店の場合,東京へ出すお客さんが一定以上いるので,あらかじめ印字して備えているのでしょうか?
それとも東京へ出すのは,当方だけで,当方専用の短冊なのでしょうか?(笑

今では,ラボ出しは年に数回程度なので,見る機会も減ってしまいました。当方にとっては,フィルムの頃の思い出になりつつあります。そういうわけで,珍しくもなんともありませんが,写真に収めました。
[PR]
by rainbow-5 | 2008-02-13 20:44 | フィルムの思い出 | Comments(0)