キヤノン 580EX I型修理
f0158244_17564387.jpg 先に書いたフレネルレンズを溶かしてしまった580EX I型を修理に出して,戻ってきました。

 今回もキヤノンの修理受付で,ちょっとばかり行き違いというか,見解の相違がありました。
 キヤノンの修理窓口とは,そういうところなので,当方にとっては,すべて織り込み済み。修理窓口に詳しい>アタシ(笑



 結果として費用の方は,約1万円弱。
 納期は,実質1週間でしょうか。
 まぁ,この手の機材を修理したら,こんなものなので,これは,これでいいとして。

 次のステップは,調光量と色温度のチェック。
 修理から機材が返ってくると,それに応じた実験をやらないと気が済まないの。

 今回の件で,ふと思った事...
 580EX I型は,550EXより小型化されて,数値スペックは向上。
 580EX II型は,I型の数値スペックそのままで,やや大きくなって,信頼性向上を行った。
 そんな視点でみると,580EX I型って,設計上の無理があって,II型で揺り戻したとも思えるわけ。
 カメラ小僧に限れば,II型の方がベター。
 されど,あの連続発光時の制限があって,II型に踏み切れないの(笑

2009.5.17 追記
修理後画像 その1
f0158244_17564387.jpg
修理後画像 その2
f0158244_17581064.jpg
[PR]
by rainbow-5 | 2009-05-15 20:45 | 機材・道具 | Comments(0)


<< 最近,見たもの Re: Imaging Wor... >>