エプソン 写真用紙エントリー<光沢>
f0158244_10431966.jpg 手持ち在庫のA4写真用紙<光沢>が少なくなってきた。
 最近は,面倒なので250枚入り(笑
 けどさー,これ,約1万円。
 紙を買うのに,1万円というのは,ちょっと勇気が必要だったりして(苦笑



 そりゃ,たくさんですから,高いのは当然です。
 さらにサプライ用品としてみれば,メーカー純正品としては,写真用紙<光沢>は,安い部類だとは,思ってます。
 アタシが使い過ぎ?そうだけど。

 実験好きの当方ではありますが,プリンタのペーパーはあまり試したことがありません。理由は簡単で,以前エプソンPX-G920という,すっとこどっこい野郎デリケートなプリンタを使っていたので,とても各種ペーパーを試す気になれなかったから。
 G920の時は,まずは純正ペーパーで試す必要性があり,今でも,その延長線上にあるわけです。変に,おかしなペーパーに手を出して,ド壺にはまるのは勘弁して欲しい。そういうことです。G920による,トラウマの一種ですな(笑

 ところで,エプソンには,写真用紙<光沢>に同じような写真用紙エントリー<光沢>というのはありまする。
 エプソンのカタログには「プリントして配るのに経済的。「おうちプリント」をもっと身近にする写真用紙です」
 俺の使い方,そのものじゃん(笑

 お値段↓
 エプソン 写真用紙<絹目調>A4      20枚   1650       1枚単価 82.5
 エプソン 写真用紙<光沢>A4       100枚   4050       1枚単価 40.5
 エプソン 写真用紙<光沢>A4       250枚   9493       1枚単価 37.98
 エプソン 写真用紙エントリー<光沢> A4 100枚   2250       1枚単価 22.5
 エプソン 写真用紙エントリー<光沢> A4 250枚換算 2250×2.5=5625 1枚単価 22.5

 エプソン 写真用紙<光沢>L判       400枚  1980       1枚単価 4.95
 エプソン 写真用紙エントリー<光沢> L判 400枚  1680       1枚単価 4.2
 (今,買うとすればでの購入価格ベース。近場の店,通販入り乱れ)

 A4だったら,エントリーは半値ではないか。すばらしい。
 テストプリントに供するL判の方は,それほどでもなし。これは,どうせ400枚だから,あまり気にしない。

 例によって脱線させると,L判のボリュームパッケージは1000枚を出して欲しい>エプソンさん
 マジ。
 L判400枚ちゅーても,フィルム時代だったら11.1本分。1000枚でも,27.7本分。びっくり仰天するほどの数でもないと思うけどなぁ。アマだって,ちょっとやっている人だったら,それぐらいは,あったハズ。
 話を戻して...

 エントリー用紙の問題はモノの違い。
 高いのには高い理由がある。安いには安い理由がある。
 違いは,なに?
 これが,わからない。展示会でエプソンさんに訊いておけばよかった。しくしく。

 カタログスペック↓
・坪量
 写真用紙<光沢>      255.0g/m2
 写真用紙<絹目調>     250.0g/m2
 写真用紙エントリー<光沢> 258.0g/m2
・厚さ
 写真用紙<光沢>      0.27mm
 写真用紙<絹目調>     0.27mm
 写真用紙エントリー<光沢> 0.26mm
・白色度
 写真用紙<光沢>      92%
 写真用紙<絹目調>     92%
 写真用紙エントリー<光沢> 91%
 これ↑しか,載ってません。

 厚さは,当方,気にしないので,どうでもいいです。
 白色度が,ちょっとだけ違う。これは?
 表面のコーティングに違いがあるわけ?
 数字を並べれば,確かに値は違いますが,ほとんど誤差のレベルのような気もします。

 保存性は,数値データが明示されているのは,写真用紙<光沢>と<絹目調>。エントリー用紙については触れられていません。明記されていないという事は,写真用紙<光沢>とエントリー用紙では,保存性に違いがあるのか?カタログでは,違いがありそうだけど,どう違うのか?そこまではわかりませんでした。

 ググってみると,本家と発色傾向がやや異なる。保存性がやや劣るらしいことが書かれていました。
 これは,情報の出所が,不確かなので,参考値。

 次はエプソンへの問合せ。まずは,エプソン インフォメーションセンター(MAXARTの方)。いわゆる電話サポート。
 エプソンWebサイトには「「操作方法がわからない」「うまく動かない」など、エプソン製品に関するご質問やご相談...」そうだわねぇ。そういうのをやっている部署に,紙の違いを質問する方が間違っているの。それは,わかっているのですが,エプソンは,顧客窓口をこの電話サポートで一元化しているので,ここしか問合せ部署がありません。
 やりとりの詳細は省きますが,ここでの話↓
・コーティングは,どちらも同じ
・色調は,どちらも,同じ
・保存性も同じと思っている
・紙(ベース側)の材料を変えたので,エントリー用紙は安くすることができた
 やりとりの流れから,体系化された資料によるものではなくて,担当者の主観なのは明確。ここはいつもこんな調子ですから期待していませんでした。この場合,当方が知りたいのは,個人的な見方じゃないのです。過去の経験から,ここで教えてもらった事の信憑性は高くないので,これも参考値。

 次は,東京ショールーム。
 ここにこういう事を質問するは,変なのは承知しているのですが,ここは好印象の部署。以前,出向いた時は,わかっている事はキチンと説明してくれて,わからない事はわからない,とハッキリしていました。残念なのは,土日が休みのこと。この用件だけで,平日に行くことは出来ないので,仕方なく電話問合せ。
 話の詳細は省きますが,収穫あり。

 次は,東京ギャラリー。
 ここも,お門違いなのはわかっているのですが(土祝日営業で)ショールーム機能を有しているから。
 こちらの答えは,明快でした。答えてくれたのは,インクジェットプリンタの相談コーナーを担当している方。
 なお,ここのショールーム機能には,比較検討を目的としたサンプル出力サービスがありますが,写真用紙エントリー<光沢>やスーパーファインは対象外になっています(写真用紙<光沢>や<絹目調>は対象内)。

 調べなくても,結論は見えていて,発色傾向が大きく異なるのは困るけど,多少の違いなら,ドライバー補正で吸収できそ(プロファイル印刷なら独自プロファイル)。自分の目で確かめれば,いいじゃん。
 保存性の方も,顔料インクなら,大幅に悪くなる事はないのでは?

 ここまで来て,ようやくテストパイロット実施。サイズは2L判(エントリー用紙。20枚入り。約500円。写真用紙<光沢>2Lは手持ち在庫品)。
 いきなり,エントリー用紙 100枚入りのA4でいくつもりでしたが,思いとどまったのは,東京ショールームと東京ギャラリーのアドバイザリーを聞いてしまったから(笑

 紙そのもの2種並べて見ると,写真用紙<光沢>の方が,ほんのわずかに青っぽい感じ。
 これも,並べてよくよく見ないと気がつかないレベルです。

 PX-5500のプリンタドライバーの用紙選択には「写真用紙エントリー<光沢>」はありません。エプソンインフォメーションセンターによると,5500で,エントリー用紙を使う時は,「写真用紙<光沢>」を選べ,と。
 今回は,20枚しかないので,すべてドライバー補正(=マニュアル色補正)です。
 まずは「写真用紙<光沢>」を使って,ドライバー補正のパラメータを画面とおおむね合うように調整。このパラメータで「写真用紙エントリー<光沢>」に印刷してみると...

 かなり同じ。
 最初,グレーのところで,エントリー用紙の方が,わずかにグリーンもしくは黄色っぽいかと思いましたが,グレーをプリントしてみると,それほどでもありません。
 当方の目には,どう見ても,同じにしか見えません。
 念のため,太陽光でも見てみましたが,それでも,同じ。
 当方の手持ち画像,チャート類,デジカメのサンプル画像で試した限りでは,明確な違いは,当方にはわかりませんでした。仮に違いがあったとしても,色味に限れば,誤差のレベルにしか思えません。
 今回の結論は,これなら,いいか。

 ここまで来て,ようやくエントリー用紙A4 100枚入りを近場の店で購入。
 A4でも何枚か,比較用プリントをしてみましたが,これもほとんど同じにしか見えませんでした。
 A4ではグラデを引いたのを印刷してみましたが,青の色域で一部ちょっとだけ違いがあるかも?グリーン~イエローのシャドー側がエントリー用紙の方が,わずかに浅いかも?もしかしたら,シャドー側全般でわずかに浅いかも?どうなんだろう?ただ,最大濃度が明確に違うようには見えません。
 グラデで部分部分を見れば違うような箇所もありますが,普通に絵柄が乗っていれば,同じにしか見えません。たぶん,両方のペーパーでカスタム プロファイルを作ってみると,色傾向の違いは,数字的に出るんじゃないでしょうか?つまり,まったく同じではない。それも,A4用紙のお値段を勘案すれば,値段ほどの差になるのか,どうか?

 エプソンの光沢系ペーパーにはクリスピアがありますが,クリスピアと写真用紙<光沢>の間には(善し悪しは別として)明らかな差が認められますが,あのような違いは,エントリー用紙との間では感じられません。
 当分の間,エントリー用紙を使ってみることにしました。エプソンさん。スマンの~。でも画彩とか,よそのじゃなくて,エプソンの紙だから許してちょ。

 (紙厚は,当方は,どうでもいいのですが,A4サイズの手触りですと,どちらも同じようなもの。明確な差があるとは思えませんでした。但し,エントリー用紙の裏打ちは,写真用紙<光沢>と処理が異なりますので,手触り感は違います。いわゆる,こしは(比べれば)写真用紙<光沢>の方が少しあると思います。)
 ここで,当方の実験記事ですと,テスト結果をベタベタと貼っていくわけですが,今回は,とにかく同じなので,貼っても意味がないかと。
 1種だけ↓。ただの証拠。
f0158244_10434861.jpg
左:写真用紙<光沢>
右:写真用紙エントリー<光沢>
明るさが異なるのは,複写のライティングがテキトーなせい。


■関連リンク
・エプソン 写真用紙エントリー<光沢> 本番編(2010.3.10)
http://rainbow55.exblog.jp/13065375/

(ご注意)
 本件は顔料インクのプリンタによるものです。染料インクのプリンタの場合は事情が違うと思われます。
 また長期保存性も今回は確認していません。今後,室内曝露状態で様子を見ていくことにします。
[PR]
by rainbow-5 | 2009-12-12 19:08 | 撮影実験


<< 気になるレンズ-2009年初冬編 閲覧統計 2009年11月 >>