閲覧統計 2017年9月
 このblogの9月の閲覧状況です。上位10位+次点。



1.キヤノン 修理費用の目安(2013.12.15)
2.平成26年度航空観閲式の検索キーワードにお答えします(2014.9.18)
3.ベストピント調整の方法(2015年版)(2015.5.21)
4.キヤノン E-TTLII ストロボ(2009.2.7)
5.SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsを使ってみて (2015.11.28)
6.キヤノン デジカメ用メンテナンスサービス あんしんメンテ(2016.8.7)
7.EOS 7D MarkIIを使ってみて(2015.12.5)
8.EF70-200mm F4L IS USMを使ってみて(2012.7.15)
9.SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMを使ってみて(2015.11.21)
10.EOS Digital シャッター耐久回数 (2015.2.24)
次点.シグマでのピント調整(2009.9.4)
 1位と2位は1票差なので、ほぼ同率で航空観閲式が1位へ上がりました。
 毎度申し上げていることですが(招待券がない場合)一般公開する気がないのを押しかけて見物しようというのでからハードルは高いです。
 今年の航空観閲式は、出し物にやや変化があって、当方の場合、近年は機動飛行は捨てていましたが、今年は機動飛行も悪くない印象を持っています。
 先週、雨の金曜日に2回目の統一訓練があったそうですが、地上の訓練だけで編隊飛行は中止、機動飛行は地上滑走となったそうです。本番が雨になった場合に備えての訓練も必要だと思いますが、来週も雨予報が多く、訓練に支障が出そうです。事前公開まで1週間ですから、2014年の最後の統一訓練のように雨でも(厳密には視程が確保できれば)編隊飛行の予行を強行すると思われます。

 検索キーワードで取れたのは、さらに減って今回は12件だけでした。
●「シグマ レンズ レストア」
 レストアって、どんなイメージで検索したのだろうか?
 当方には古い自動車とか、ヒコーキとか、そういう機械モノで朽ち果てたものを復元するのがレストアのイメージ。それともただの修理のことか?
 前者だというならメーカー修理の場合(一般に)修理部門には部品の保有期間があって、それを過ぎると部品を処分していることが多いので、何でも直せるとは限らない。ネット検索してるよりメーカーに照会した方が手っとり早くて確実。

●「ツインリンクもてぎ 撮影ポイント オーバルコース」
 インディがなくなった今ではオーバルコースを使うレースはなくなったのだが?
 オーバルの4コーナーだと本コースの1コーナーが撮れるが、背景が2パドになってうるさいのが難点。オーバルの1コーナーの金網に報道用の覗き窓があってそこからビクトリーコーナーの立ち上がりが狙えるが、プレス用だったので数が限られ先客がいることが多い。オーバルの2,3コーナーは全日本格式のレースだと一般客が入るのは厳しいのではないか?


(参考)
閲覧統計 2017年8月
[PR]
by rainbow-5 | 2017-10-15 23:34 | 日記 | Comments(0)


<< 平成29年度 航空観閲式 事前公開 本日のRJAH >>