平成29年度 航空観閲式 事前公開
f0158244_225822100.jpg 10.22(日)の航空観閲式事前公開は中止ですって。
 一次情報↓
・航空観閲式事前公開の中止について
http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/airreview2017/
 こんなのあまり憶えがないなぁ。



 決心は、本日(金曜日)のお昼前だった模様です。
 台風襲来ですから来場者が来ることは出来ても帰れないことも考えられ、やったとしても会場は雨風で大変でしょうから、今回は仕方ないところ。
 外来飛来(の一部)は金曜日の午後から始まりますから、やる/やらないとなれば金曜日のお昼がリミットなのでしょう。

 それにしても今週も雨が多く、統一訓練での観閲飛行は出来てないようです。
 火曜日(10.17)に統一訓練があったようですが、観閲飛行はやらなかったみたいです。ATCを録音していたのですが、ホールディングエリアまで進出していたのですが、基地上空へは出ないで帰ったような感じになってました。ただ、小松や千歳は2波だったので、予備機だったのか?一部やったのか?
 観閲飛行の訓練は、当方が見に行った10.10(火)しか出来ていないようです。これまでの例からいくと来週の観閲飛行を含む統一訓練は一回なのですが、これまでがさっぱりなので今年は二回やるかもしれません。

 あと、水曜日(10.18)にはファントム爺さんが足を折るという事故までありました。
 最初、ギアのロックが外れて、結果的に引き込みのようになって機体が傾いたのか?と思っていたのですが、NHKテレビ(水戸の地域ニュース)によれば、機体の再点検は、非破壊検査で行ったとのこと。ということは金属疲労とかが疑われているので、文字通り折れたのか?
 昨年(2016年)の航空祭の予行などでも、機材繰りに苦心している印象だったので、現場は大変でしょう。F-2の調達中止、F-22導入挫折に端を発した次期戦闘機の調達遅れの問題が表面化したように当方には見えます。先送りのツケを払わされる現場には同情します。
 なお、航空情報でみる限り機体は移動された模様です。
 事故があった日は、機動飛行の予行が午前と午後に予定されていましたが、午後の予行はキャンセルだったようです。

 台風さえ行ってくれれば天候は回復しそうなので、快晴の本番日を期待したいと思います。

 ヘッダ画像は、10.10の政府専用機。(クリックすると少し大きくなります)
 この日は収穫が限られたので、これぐらいしか貼れるものがありません。今年の航空観閲式が最後。この日は、少し遠かったと感じました。離れている方が、より真横になるので、うれしい。
 新しいヤツの比較的新しいお姿↓
・The first JASDF 777-300/ER heading for outfitting in Basel. Photo by A. Kwanten
https://twitter.com/airliners_net/status/913135925722480641
 今は内装工事中。内装ちゅーても通信機器とか面倒な装備品がいっぱい。
 レジは、N509BJ。ボーイングの扱いとしてはビジネスジェットってことみたい。
 見た目のインパクトは、B744の方が上ですなぁ。


●参考リンク
・航空観閲式、10月22日事前公開は荒天で中止 10月29日本番のみ開催
http://flyteam.jp/news/article/85674
> 航空機がおよそ100機、百里基地の上空を飛行
 100機は言い過ぎ。
 前回(2014年)の観閲飛行は21機種 計45機。他の展示飛行を加えても60~70機。地上展示や人員輸送も含めれば100機ぐらいにはなるかも。
●関連リンク
・本日のRJAH(2014.10.19)
http://rainbow55.exblog.jp/23146226/
[PR]
by rainbow-5 | 2017-10-20 22:59 | 日記


<< 防衛省移行10周年記念 平成2... 閲覧統計 2017年9月 >>