平成29年度 入間航空祭(2017年)
f0158244_22144625.jpg 11月3日は、入間航空祭でした。
 それにしても、天気に関する入間の強運ぶりは、何なんでしょう。
 いくら晴れの特異日とは言え、数日前までの雨予報が前日に覆ったことが、これまでに何度もありました。
 今年も2日前までは諦めていましたが、前日になって晴れ予報となり、結果、その通りになってくれました。



 2日前となる11月1日時点の天気予報↓
・気象庁(通常)  曇
・GPV       晴
・ウエザーニュース 曇
・日本気象協会   晴
 特にGPVは(11月1日時点で)11月3日未明~早朝に雨雲が関東を抜けて、朝から晴れて、昼間は快晴と予想しており、実際その通りでした。人間が変に手を加えるより、数値予報の方が精度がよろしい?
 テレビでやっていたのですが、11月3日の東京の天気↓(過去30年分)
・晴 70%
・曇 17%
・雨 13%
 たしかに、晴れの特異日なんですな。
 晴か、曇か、となれば、ここ4年連続晴れということになりました。
 今年も、終日視程10km以上、10000ftまで雲なし。
 この天気でしたので、写真は真っ青です。今回も(自称)ベルビア調で参ります。

 シルバーインパルス改めゴールデンフライト↓
f0158244_2244438.jpg
 今年は7機編成。全員佐官。
 はっきり言ってブルーより編隊は決まっております。ベースオペレーションも「グッドフォーメーション」と。

 美保のYSが退役しましたので、残ったのは入間のYSだけ↓
f0158244_2293832.jpg

 もう何十年と見てきたC-1の編隊↓
f0158244_22104937.jpg
 航空ファン誌blogによれば、6機編隊は今年が最後になるかも?とのこと。

 空挺降下↓
f0158244_2212318.jpg
 ここ数年は10名程度でしたが、今年は33名。標準ズームで撮ってみたのですが、このアングルだと、これぐらい(約14名)。全員収めるとヒコーキが豆粒になってしまいましたので、ほどほどの画を選んでみました。

 今年のファンブレーク↓
f0158244_22144625.jpg
 今年は、昨年と場所取りを変えていますが、場所選びより飛び方が良かったのだろう、と。

 ブルー↓
f0158244_2216252.jpg
 今回も4機以上のフォーメーションはイマイチ。
 離陸はRWY17で、#1~#4が単独離陸してジョインアップ後、通常のダーティ・ローパスから開始、#5,#6は通常の同時滑走開始という、やや変則パターンになってました。ブルーオペラとのやり取りもなかったので、最初から決めていたのでしょう。にしても、どうして?(前日の慣熟飛行はダイヤモンド・テイクオフで実施)
 終わってから、バーチカル・キューバン8をやっていないことに気づき、帰って来て写真を見直している時にフェニックス・ロールもやっていないことに気がつきました。2課目を飛ばしたとは、これいかに?
 ここ何年か、トラブル(っぽこと)に見舞われることが続いていたブルーの入間ですが、今年も不思議なことをやっていきました。
 ショーセンターは、近年との比較で、少し北側にズラしたように感じられました。あと、客に少し近いところを飛ばした感じで、サンライズやコークスクリューは明らかに客側に寄ってブレークしてました。

 F-15の帰投↓
f0158244_22164256.jpg
 今年も、F-15とF-2の外来帰投はプログラムに組み込まれてましたが、近年は期待外れなことが多かったものです。
 今回はRWY17でテイクオフ。左へひねって、会場へ戻ってきて、ロックウイングをアフターバーナーONでやっていきました。バンクが深かったので、ブンブンに振っているように見えました。あんなの入間の外来帰投では久しぶりでした。

 F-2は、ほとんどナイフエイジ状態↓
f0158244_22174218.jpg
 F-15に続いたF-2も一芸を披露。RWY17で上がって、左へひねって、会場へ戻ってきました。ひねった時は、バンク角90度を超えたように見えましたが、すぐに修正してました(笑
 会場へ差し掛かったところで、F-16デモチームのDedication pass(慰霊飛行)ような機動をして、その後、ロックウイングをして帰って行きました(但し、ミニタリー推力)。
 写真の方は、当方の場所では、真横に来た時、バンクを戻してしまったので、戻す前を載せてみました。
 先の航空観閲式(の予行)でも、F-2はF-16デモチームのLow speed passを取り入れおり、参考にしている気配ありありです。
 なお、機体は、三沢でも、岐阜でもなく、築城(8SQ)。なにゆえ、わざわざ九州からやって来たのか?(謎

 地上展示から帰投へ向けて準備中のBlackJack↓
f0158244_22185097.jpg

 移動は人力。(隣のAHはトーイングカー使用)
 最初、展示場所から斜め後方へ人力で移動。この時、客の方から見て機首が正面になったのですが、機長らしきP(♂)が、90度回転を要求。人力で90度回し、客からみて機体が真横になるようにしてから離陸準備にかかりました。機体を横にしたのは、客に見せるため?状況的には、理由が他に思い浮かばないのですが?
 BlackJackは、海のくせして今年は芸をすることもなく、たーだ帰って行きました。

 前週の航空観閲式からモーターショーへ連投になり、週間予報は曇だったので、正直、入間は行かなくて済む。助かった。そんなことを思っていましたが、晴れるとなれば話は別。
 天気がいいと、写真の腕が上がったような錯覚になりますもん。だ・か・ら、晴れる時しか行きたくないの。


●参考リンク
・航空祭を前にブルーインパルスが飛行訓練 入間基地
http://www.sankei.com/photo/story/news/171102/sty1711020017-n1.html
・入間基地航空祭出店情報!
http://blog.goo.ne.jp/koku-fan/e/217f4079f412df12060bfae7dbf4143f
・21万人を魅了 大空にブルーが舞う 入間航空祭
http://www.sankei.com/photo/story/news/171103/sty1711030012-n1.html
・入間航空祭、2017年入場者数は21万人 C-1や飛行点検隊も会場沸かす
http://flyteam.jp/news/article/86400
・入間航空祭を“特等席”で見る裏ワザとは?
http://www.news24.jp/articles/2017/11/02/07376922.html
●関連リンク
・平成28年度 入間航空祭(2016年)(2016.11.3)
http://rainbow55.exblog.jp/26713278//
・平成27年度 入間航空祭(2015年)(2015.11.3)
http://rainbow55.exblog.jp/24636841/
・平成26年度 入間航空祭(2014年)(2014.11.4)
http://rainbow55.exblog.jp/23230939/


 以下、当方が見聞きしていたもの
・近年の来場者数
 2011年 17万人
 2012年 22万人
 2013年 32万人
 2014年 29万人
 2015年 20万人
 2016年 13万人
 2017年 21万人
 朝の感じでは、昨年と似たような感じか?と思っていましたが、昼休みに見えた西武線は客が多かったので、お昼前で人出が増えたのかもしれません。
 入間では20万前後というのが平年で、昨年の13万というのが異常値だったと思います。
・今年は、埼玉県警のヘリが地上展示されて、外来帰投で一芸を見せつけて行った。ちゅーても、帰る先は、百里と同じで、入間基地内なんだよな(苦笑
・プログラムにはU-125A・UH-60Jの飛行展示があって、おそらく救難展示だったのだろう。ただ、浜松の事故現場に出動中なので、入間には来てませんでした。
・昨年から始まった狭山市役所のふるさと納税返礼品。今年は、5万円コースと2万円コース。2万円コースは、昨年の1万円から値上げ。どちらも、今年も売り切れだったとのこと。
・トイレの配置は昨年並み。場所によっては、数を減らしたところもあった。女子用の方が待ちが少ない傾向にあるように感じたのは、昨年と同じ。
・今年も地元のFM局がブルーの実況放送をやったそうです。2010年の松島で初登場した演技中の曲目だと権利関係をクリアしているので、放送に乗せてもOK。
[PR]
by rainbow-5 | 2017-11-07 21:49 | 日記 | Comments(0)


<< 第45回東京モーターショー2017 防衛省移行10周年記念 平成2... >>