2017 SUPER GT 最終戦 もてぎ
f0158244_111250.jpg GTもてぎでした。
 寒かったです。
 近年のGTもてぎは11月の2週ぐらいで、今年も同じ時期でしたが、こんなに寒かったっけ?



 今回の第一目標は、しいて言えば36号車。
 最近は現地の流れのままということが多いので、第一も第二もあったもんじゃないです。

 今年のもてぎは、松島のF-2による歓迎フライト(プログラム上の名前)がありました。
f0158244_115843.jpg
 4課目ぐらいやって、最後にロックウイング。決勝のウォームアップ走行開始にあわせてローパスをして帰っていきました。
 写真は、グラスタの端っこで撮ったもの。
 こう撮れば(この画像サイズでは)機体は豆粒。なのは、わかっていたのですが、もてぎらしい場所とからませると、こんなものか。
 標準ズームの50mm域で撮っていますが、望遠で引っ張る方がよほど楽チン。地面と機影を混ぜるのは難しかったです。課目も、進入方向も、事前にわかっていませんから、場所取りも山勘というか、無難というか。ブルー以外で飛んでいるのを標準ズームで撮ったのは、かなり久しぶりでした。
 なお、無線は百里GCAでした。

 今回は、オーバルコース上のPRブースにARTA20周年の展示があったのですが、隅っこでシグマが機材貸出をやってました。当方は、現地で知ったのですが、事前の案内がありました↓
・レースイベント出展のお知らせ
https://www.sigma-photo.co.jp/new/2017/10/31/1787/
 現地で貸出機のリストを見せてもらいましたが、望遠系でなく標準ズームや単玉も用意してありました。当方の場合、おおむねのスケジュールを決めてから現地へ行ってますので、急に言われても融通がききません。新しい24-70/2.8なんか、試してみたかったです。
 現地の様子↓
・【SUPER GT 最終戦もてぎ】超望遠ズームレンズの貸し出しもあるシグマのブース
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1091087.html
 シグマの係の方とも話をさせてもらいましたが、100-400は70-300を使っている客に重きを置いているとのこと。150-600の方は、関心のある向きは、すでに購入済みが多いとのことでした。

 ヘッダ画像は、久々登場のエプソン号(自前シグマ150-600 S)。今回は黒。
 予選はノックアウト方式で、500と300は別々に行われます。500だと黒のカラーリングはないわけですが、予選で黒いのが来て、エプソンだと。
 これも現地でみて、あとから調べたら、こういうこと↓
・エプソンのアナログウォッチ「TRUME」ブランドデザインのマシンが2017 SUPER GT最終戦 もてぎに登場
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1089604.html
 時計を密林で検索したら、グランドセイコー級のお値段でした。当方には、縁がない世界です。(そんなカネがあったらレンズ買うわい)
 当日の様子↓
・2017.11.11 Race Day Report : 第8戦 予選日レポート Part3
https://supergt.net/news/single/17667
 ドラのレーシングスーツも黒。けど、キャンギャルは、黒いの作ってもらえなかったんだ。

●参考リンク
・【SUPER GT 最終戦もてぎ】急上昇に急旋回、ツインリンクもてぎの空を航空自衛隊 F-2B戦闘機が舞う
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1091118.html
●関連リンク
・2016 SUPER GT 第3戦・最終戦 もてぎ(2016.11.13)
http://rainbow55.exblog.jp/26863904/
・2015 SUPER GT 最終戦 もてぎ(2015.11.15)
http://rainbow55.exblog.jp/24675664/
・2014 SUPER GT 最終戦 もてぎ(2014.11.16)
http://rainbow55.exblog.jp/23293023/
[PR]
by rainbow-5 | 2017-11-13 21:02 | カメコ活動 | Comments(0)


<< 閲覧統計 2017年10月 第45回東京モーターショー2017 >>